ここから本文です。

オススメ情報平成31年2月22日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
平成31年2月22日(金曜)現在

観覧温室では

migoro190222                                                         

ミリオカルパ スティピタタ
Myriocarpa stipitata
イラクサ科
ブラジル原産。葉面が美しく鉢物として用いられることもあるが、地植えにすると白いひも状の花序をつける。ジャングル室にて開花。見頃は3月中旬まで。

 

migoro190222  

アガペテス属の一種
Agapetes sp.
ツツジ科
原産地不明。常緑の低木で、樹や岩に着生して育つ。冷房室にて開花。見頃は3月中旬まで。

 

 

樹林地では

migoro190222

ソシンロウバイ
Chimonanthus praecox f. concolor
ロウバイ科
ロウバイで花の中心まで黄色の変種。3月上旬まで盆栽展示場前ほかで。

 

migoro190222

マユミ
Euonymus sieboldianus
ニシキギ科
古来弓の材料とされた。吊り下がる朱色の果実が特徴。植物生態園ほかで。

 

 

花壇では


ヘレボルス オリエンタリス
Helleborus orientalis
キンポウゲ科
ギリシア、トルコ原産。英名は「レンテンローズ」。花は咲き始めがクリーム色で、徐々に褐色を帯びてくる。北山広場の噴水横にて見頃は3月下旬まで。

 

migoro190222

ハナナ
Brassica rapa var. amplexicaulis
アブラナ科
ヨーロッパ原産。春を代表する植物。観賞用だけでなく蕾を野菜としても利用できる。植物園会館前にて見頃は4月上旬まで。

四季彩の丘では

カブ(園芸品種)
Brassica rapa cv.
アブラナ科
ヨーロッパ原産の一年草または二年草(原種)。植物園では京野菜として有名な‘聖護院
カブ’や、‘四季まき小カブ’を栽培している。四季彩の丘にて見頃は3月上旬まで。

 

migoro190222

シクラメン コウム
Cyclamen coum
サクラソウ科
地中海沿岸付近を原産とする球根植物。冬から早春に開花し、桃~深紅色、白色などの
花色があり、花弁の基部に紫色の斑が入る。四季彩の丘にて見頃は3月上旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?