ここから本文です。

オススメ情報平成31年3月1日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
平成31年3月1日(金曜)現在

観覧温室では


テコマンテ デンドロフィラ
Tecomanthe dendrophila
ノウゼンカズラ科
ニューギニア原産。テコマンテ ベヌスタと同種とされる事もあるが、花色の違いなどいくつか異なる点がある。
ジャングル室にて開花。見頃は3月中旬まで。

 


トリプラリス クミンギアナ(雌株)
Triplaris cumingiana
タデ科
コスタリカ~エクアドル原産。雌雄異株で雌花は大きく美しいが、雄花は白く小さく地味。
ジャングル室にて開花。見頃は3月中旬まで。

 

樹林地では


サクラ '河津桜'
Cerasus lannesiana‘Kawazu-zakura’
バラ科
1955年に静岡県の河津川で発見された早咲き品種。桜林で3月中旬まで。

 

 


ウメ '鹿児島紅'
Armeniaca mume 'Kagoshima-Beni'
バラ科
花色が濃い緋色で緋梅性と呼ばれるグループの品種。梅林で3月中旬まで。

 

花壇では


ヘレボルス オリエンタリス
Helleborus orientalis
キンポウゲ科
ギリシア、トルコ原産。花は咲き始めがクリーム色で、徐々に褐色を帯びてくる。北山広場にて見頃は3月下旬まで。

 


ハナナ
Brassica rapa var. amplexicaulis cv.
アブラナ科
ヨーロッパ原産。春を代表する草花。切り花や食用に用いられる。植物園会館前花壇にて見頃は4月上旬まで。

 

四季彩の丘では

シクラメン コウム
Cyclamen coum
サクラソウ科
地中海沿岸付近を原産とする球根植物。冬から早春に開花し、桃~深紅色、白色などの
花色があり、花弁の基部に紫色の斑が入る。四季彩の丘にて見頃は3月下旬まで。

 


Brassica rapa var.laciniifolia (Mibuna)
アブラナ科
京野菜の一つで、ミズナから派生した栽培品種とされる。ミズナに類似してよく分げつ
するが、葉が全縁であることが異なる。四季彩の丘にて見頃は3月下旬まで。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?