ここから本文です。

オススメ情報平成31年3月22日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
平成31年3月22日(金曜)現在

観覧温室では


ブルンフェルシア パウキフロラ ‘エクシミア’
Brunfelsia pauciflora ‘Eximia’
ナス科
ブラジル原産。花色が青紫色から淡青色、最後は白色へと変わっていく。
ジャングル室にて開花。見頃は4月上旬まで。


ゲラニウム マデレンセ
Geranium maderense
フウロソウ科
マデイラ諸島原産。茎の先端より約1mの花茎を伸ばし、4cm程度の紫がかったピンク色の花を多数咲かせる。
冷房室にて開花。見頃は4月中旬まで。

樹林地では


ハクモクレン
Magnolia denudata
モクレン科
中国原産。コブシに似るが筒状に咲き花も大きい。俳句では春の季語。3月下旬まで大芝地北ほかで。 

 
サクラ '細井桜'
Cerasus 'Hosoi-sakura'
バラ科
カラミザクラと染井吉野との交配品種。京都由来の早咲き。4月上旬まで桜林で。

花壇では


ヒアシンス
Hyacinthus orientalis cvs.
クサスギカズラ科
野生種はギリシア、シリア、小アジアなどの地中海沿岸地域に分布する。球根性多年草で水栽培も可能。球根ガーデン、ワイルドガーデンにて見頃は4月中旬まで。


スノーフレーク
Leucojum aestivum cv.
ヒガンバナ科
野生種はオーストリア、ハンガリー、ヨーロッパ南部原産。花がスズランに似ていることから「スズランスイセン」の別名がある。球根ガーデン、ワイルドガーデンにて見頃は4月中旬まで。

四季彩の丘では


ブルビネラ フロリブンダ
Bulbinella floribunda
ワスレグサ科
南アフリカ南部原産の多年草。3~4月頃、100輪内外の鮮黄色をした小花を
高さ1mほどになる花茎の上端に咲かせる。四季彩の丘にて見頃は4月上旬まで。

タンチョウソウ
Mukdenia rossii
ユキノシタ科
中国東北部~朝鮮半島原産の多年草。3~4月頃、10~30cmほどの花茎を伸ばし、
集散状花序に白色をした多くの小花を咲かせる。四季彩の丘にて見頃は4月上旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?