ここから本文です。

オススメ情報平成31年4月12日現在

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
平成31年4月12日(金曜)現在

観覧温室では

 

ほや 

ホヤ インペリアリス
Hoya imperialis
キョウチクトウ科
マレーシア、フィリピン原産。花は紅赤色の肉厚で光沢があり茎に5輪程度付き、花の大きさは7cmある。見頃は4月下旬まで。

じゃまぽい 

ジャマイカ ポインセチア
Euphorbia punicea
トウダイグサ科
ジャマイカ、キューバ原産。 樹の高さは約160cmほどである。1cm程の黄色の花が8輪ほど付き、その周りを3cm程の赤色の苞が付く。見頃は4月下旬まで。

樹林地では

げんぺい

ハナモモ '源平'
Amygdalus persica 'Genpei'
バラ科
一本の木に白花と紅花、紅白の絞りの3色を咲かせる。桜林西で4月中旬まで。
やまぶき 

ヤマブキ
Kerria japonica
バラ科
山吹色の花が『万葉集』にも詠まれる。植物生態園ほかで4月中旬まで。 

花壇では

 

しょかつさ 

ショカツサイ
Orychophragmus violaceus
アブラナ科
中国原産。日本には、観賞用や採油が目的で江戸時代に導入された。若葉のうちは野菜としても利用できる。球根ガーデンにて見頃は5月上旬まで。

 

ありうむ

アリウム トリクエトルム
Allium triquetrum
ヒガンバナ科
地中海地域原産。ネギやニラが同じアリウム属の仲間で、花茎の断面は三角形になることから、別名では「ミツカドネギ」とよばれる。球根ガーデンにて見頃は4月下旬まで。

四季彩の丘では

こぶもど

コブシモドキ
Magnolia pseudokobus
モクレン科
1948年に徳島県で発見されたコブシの仲間で、4月中旬頃に直径12~15cmの
白い花を咲かせる。野生絶滅種。四季彩の丘にて見頃は4月中旬まで。
めりどろ
メリオデンドロン キシロカルプム
Melliodendron xylocarpum
エゴノキ科
中国原産の6~20mになる落葉高木。4~5月頃、エゴノキに似た白~淡桃色
の花を下向きに咲かせる。四季彩の丘にて見頃は4月下旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?