ここから本文です。

おすすめ情報令和元年6月7日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年6月7日(金曜)現在

観覧温室では

ケチョウセンアサガオ

ケチョウセンアサガオ
Datura innoxia
ナス科
アメリカ南部~メキシコ北部原産。花からは、芳香を発する。夜咲きの花であるが、昼夜逆転室で昼間に見ることができる。見頃は6月下旬まで。

クリヤマハハコ

クリヤマハハコ
Anaphalis sinica var. viscosissima
キク科
関東地方原産。砂糖のような香りがすることから別名サトウクサと呼ばれている。高山室にて見頃は6月下旬まで。

樹林地では

タイサンボク

タイサンボク
Magnolia grandiflora

モクレン科
北アメリカ中南部原産のモクレンの仲間。花には芳香がある。6月下旬まで植物園会館前ほかで。

ヒマラヤヤマボウシ

ヒマラヤヤマボウシ
Cornus capitata

ミズキ科
ヒマラヤ地方原産の常緑性ヤマボウシ。黄色~クリーム色の花が特徴。6月下旬まで大芝生地東で。

 

花壇では

ハナショウブ

ハナショウブ
Iris ensata cvs.
アヤメ科
江戸時代に数多くの品種が作出された日本の伝統園芸植物の一つ。はなしょうぶ園にて約200品種10000株を植栽展示している。見頃は6月中旬まで。

スピゲリアマリランディカ

スピゲリア マリランディカ
Spigelia marilandica
マチン科
アメリカ南東部に分布。湿気の少ない森、渓谷、または小川のほとりに自生している。ワイルドガーデンにて見頃は6月下旬まで。

四季彩の丘では

ヒッペアスケリア

ヒッペアスケリア
× Hippeaskelia cv.
ヒガンバナ科
アマリリスとスプレケリアの属間交雑種で真っ赤な花を咲かせる。賀茂川門付近にて見頃は6月中旬まで。


ヘメロカリス‘スージーウォン’

ヘメロカリス ‘スージーウォン’
Hemerocallis ‘Susie Wong’
ススキノキ科
園芸品種。元になった原種は東アジア原産のヘメロカリス属の植物で、薬草のノカンゾウも同属。
四季彩りの丘にて見頃は6月下旬まで。

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?