ここから本文です。

おすすめ情報令和元年6月14日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年6月14日(金曜)現在

観覧温室では

プルメリア

プルメリア(園芸品種)
Plumeria hybrid
キョウチクトウ科
学名のPlumeriaは、植物学者シャルル プリュミエ(Charles Plumier)の名前にちなむ。砂漠サバンナ室にて見頃は6月下旬まで。

コプシアフルティコサ

コプシア フルティコサ
Kopsia fruticosa
キョウチクトウ科
インド・ミャンマー・マレー半島原産。プルメリアに似た花を咲かせる。ジャングル室にて見頃は6月下旬まで。

 

樹林地では

アジサイ

アジサイ
Hydrangea cvs. 
アジサイ科
梅雨の時期を代表する花木。あじさい園では180品種2500株を栽培展示。見ごろは7月上旬まで。

 

タイサンボク

タイサンボク
Magnolia grandiflora
モクレン科
北アメリカ中南部原産のモクレンの仲間。花には芳香がある。6月下旬まで植物園会館前ほかで。

 

花壇では

ハナショウブ

ハナショウブ
Iris ensata cvs.
アヤメ科
江戸時代に数多くの品種が作出された日本の伝統園芸植物の一つ。はなしょうぶ園にて約200品種10000株を植栽展示している。見頃は6月中旬まで。

 

タチアオイ‘サマーカーニバル’

タチアオイ ‘サマーカーニバル’
Alcea rosea ‘Summer carnival’
アオイ科
野生種は中国から薬草として渡来した。本品種は草丈1.5~2mほどに成長し、一重や八重咲きの大輪花を咲かせる。ワイルドガーデンにて見頃は6月下旬まで。

四季彩の丘では

ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)

ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)
Verbena bonariensis
クマツヅラ科
南米大陸南部原産。茎は頂部付近で三つに分枝し各々に散房状の花がつく。四季彩の丘のイングリッシュガーデンにて見頃は9月上旬まで。

 

ユリズイセン

ユリズイセン
Alstroemeria pulchella
ユリズイセン科
ブラジル~アルゼンチン北部原産。草丈は1mほどになり、初夏と秋に開花する。全開することのない花姿は、アルストロメリアの中でも特異。四季彩りの丘にて見頃は6月下旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?