ここから本文です。

おすすめ情報令和元年7月12日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年7月12日(金曜)現在

観覧温室では

ナツエビネ

ナツエビネ
Calanthe puberuia var.reflexa
ラン科
中国南部、台湾、朝鮮半島、日本原産。夏に花が咲くことからナツエビネと呼ばれている。高山室で7月下旬まで見頃。

 

フアヌリョア アウランチアカ

フアヌリョア アウランチアカ
Juanulloa aurantiaca
ナス科
メキシコ原産。種小名アウランチアカ(aurantiaca)は「橙色の」との意味があり、橙色の花をつける事に由来する。アナナス室で7月下旬まで見頃。

 

樹林地では

ウケユリ

ウケユリ
Lilium ukeyuri
ユリ科
奄美大島固有のユリ。環境省レッドリストでは絶滅危惧IA類。植物生態園で7月下旬まで。

 

 

キリラ ラセミフローラ

キリラ ラセミフローラ
Cyrilla racemiflora
キリラ科
北米南東部原産。尾状の白花を咲かせる。正門東で7月下旬まで。

花壇では

ルリタマアザミ

ルリタマアザミ
Echinops ritro
キク科
東ヨーロッパおよび西アジア原産。アザミの様に葉に刺があるのが特徴。花後はドライフラワーにすることができる。ワイルドガーデンにて見頃は8月上旬まで。

サルビア スプレンデンス

サルビア スプレンデンス
Salvia splendens cv.
シソ科
野生種はブラジル原産。夏から秋にかけて開花。秋の低温で色彩がより鮮明になる。ワイルドガーデンにて見頃は10月上旬まで。

 

四季彩の丘では

ブットレア(フサフジウツギ)

ブットレア(フサフジウツギ)
Buddleja davidii cv.
ゴマノハグサ科
園芸品種。元は中国を原産とする落葉低木で、紫色、藤色、白色などの花色がある。
見頃は9月上旬まで。

 

アメリカフヨウ

アメリカフヨウ
Hibiscus moscheutos
アオイ科
北アメリカ原産。草丈1~2mの大型の草花。1日花だが夏の間次々と開花する。
見頃は8月下旬まで。

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?