ここから本文です。

おすすめ情報令和元年9月6日

このページでは現在各エリアでオススメの植物情報を発信しています!
令和元年9月6日(金曜)現在

観覧温室では

190906migoro

エキノドルス マクロフィルス
Echinodorus macrophyllus
オモダカ科
南アメリカ原産。マクロフィルス(macrophyllus)は、大きな葉という意味がある。ジャンクル室にて見頃は9月下旬まで。


190906migoro

イエライシャン
Telosma cordata
キョウチクトウ科
インド~ベトナム原産。テロスマ(Telosma)は、「tele(遠い)+osme(香り)」からきている。昼夜逆転室にて見頃は9月中旬まで。

 

樹林地では

migoro190906

アザレアツバキ
Camellia azalea
ツバキ科
中国広東省原産。日本では7月~10月にかけて開花する。つばき園で9月下旬まで。

migoro190906

オミナエシ
Patrinia scabiosifolia
スイカズラ科
秋の七草のひとつ。万葉集や源氏物語にも詠まれる。植物生態園で9月下旬まで。

 

花壇では

migro190906

トウガラシ‘ブラックパール’
Capsicum annuum ‘Black Pearl’
ナス科
野生種は中央・南アメリカに分布。果実は黒真珠のような輝きがあり熟すと赤色となる。沈床花壇にて見頃は10月上旬まで。

 

migro190906

ケイトウ(鶏頭)
Celosia argentea cvs.
ヒユ科
野生種はインド原産。名前の由来は、花がニワトリの鶏冠(とさか)に似るため。沈床花壇にて見頃は10月上旬まで。

 

 

四季彩の丘では

migoro190906

トロロアオイ
Abelmoschus manihot
アオイ科
熱帯アジア原産。オクラに似た花をつけるためハナオクラとも呼ばれる。。樹液は製紙工程上の糊として利用されるほか、蒲鉾や蕎麦のつなぎ、漢方薬にも利用される。見頃は9月中旬まで。

 

migoro190906


トカドヘチマ (果実)
Luffa acutangula
ウリ科
東南アジア原産。果面に10条のくっきりとした稜があり、和名の「トカド」はこの10個の角に由来する。スリランカやインドでは重要な夏野菜となっている。見頃は9月中旬まで。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 植物園

京都市左京区下鴨半木町

ファックス:075-701-0142

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?