ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 重要文化財 京都府庁旧本館 > 旧本館の装飾のモチーフとなっている植物「アカンサス」

ここから本文です。

旧本館の装飾のモチーフとなっている植物「アカンサス」

 アカンサス

(Acanthus、ハアザミ、葉薊)

   

 

 

 

 

平成22年6月24日 府庁旧本館前で撮影  

    

 府庁旧本館の装飾のモチーフとなっている植物「アカンサス」。古代ギリシア以来、アカンサスの葉は建築物や内装などの装飾のモチーフとして使用されており、特にギリシア建築のオーダーの一種「コリント式オーダー」はアカンサスを意匠化した柱頭を特色としています。 絨毯の柄にもしばしば用いられており、ビザンチンリーフとして知られています。
 大型の常緑多年草で、原産は地中海沿岸。深い切れ込みがある葉は光沢があり、根元から叢生して長さ1m、幅20cmほどになります。晩春から初夏に高さ2mほどの花茎を出し、緑またはやや紫がかったとがった苞葉とともに花をつけます。花弁は筒状で、色は白、赤などがあります。
 ギリシアの国花であり、花言葉は「芸術」「技巧」「巧みさ」「離れない結び目」など。

 

  正面玄関アーチ上部の装飾

 
旧知事室の家具の装飾

 
玄関ホール上部の装飾


正面階段手すり親柱の装飾

  親柱の装飾のアップ

 
正面階段手すり子柱の装飾

 

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5433

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?