ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立京都学・歴彩館 Kyoto Institute, Library and Archives > 地域の歴史を学び未来へ伝えるシンポジウム「鉄道史と地域をつなぐ」を開催

ここから本文です。

地域の歴史を学び未来へ伝えるシンポジウム「鉄道史と地域をつなぐ」を開催

 府立京都学・歴彩館では、地域の歴史を学び、また未来へ伝える活動をしている団体や個人が、より地域社会と繋がるよう支援するために、府内各地でシンポジウムを開催し、それぞれの活動事例を共有する機会を設け、地域史研究、地域社会双方の活性化をはかってきました。これまで5回のシンポジウムは京都学・歴彩館の各種サービスを全府域で展開する観点から府内各地で開催してきましたが、本年度については、新たな取り組みとして、鉄道史という主題のもと、初めて、当館を会場として実施します。

 

1.日時

平成31年3月2日(土曜日) 13時30分~16時30分

2.会場

京都学・歴彩館 1階大ホール(左京区下鴨半木町1-29)

3.内容

第一部 地域における活動の事例報告(4名)

  • 「連載『夢幻軌道を歩く』から」
    京都新聞記者 浅井 穂(あさい よしほ) 
  • 「丹波の鉄道と観光」
    南丹市立文化博物館学芸員 井尻 智道(いじり ともみち)
  • 「廃線歩きと記憶の継承」
    『京都市電の廃線跡を探る』著者 中村 浩史(なかむら ひろし)
  • 「伏見チンチン電車の会の活動について」
    伏見チンチン電車の会代表 竹場 真司(たけば しんじ)

第二部 ディスカッション

コーディネーター:京都府立京都学・歴彩館 課長補佐 若林  正博(わかばやし まさひろ)

パネラー:第二部の報告者

注※関連企画 鉄道博物館パネル展「鉄道のはじまりと京都」

 (会場:京都学・歴彩館1階 京都学ラウンジ)

4.定員 400名(入場無料)

5.申込方法 事前申込不要・当日受付・先着順

6.問合せ先 京都府立京都学・歴彩館 資料課(075-723-4837

7.主催 京都府立京都学・歴彩館

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?