ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 林務課の業務について > 森林整備(造林補助)事業のご案内

ここから本文です。

森林整備(造林補助)事業のご案内

京都府では、一定の条件を満たす森林整備に補助を行っています。

森林の写真

間伐された森林その1間伐された森林その2植林した森林

一定の条件とは?

  1. 地域森林計画の対象となる森林であること。(具体的には農地や住宅地にある樹木、ゴルフ場等の開発された森林等は除外されます。
  2. 原則として、森林経営計画等を策定し、計画的に森林整備を実施していただく方が支援の対象となります。
  3. 補助対象となる施業は、最低0.1ヘクタール以上の区域面積が必要です。
  4. 事業や施業別に、補助対象となる齢級(植栽してからの森林の年齢)が決まっています。
  5. 詳しくは最寄りの京都府広域振興局、京都府京都林務事務所、京都府農林水産部林務課にお尋ねください。

補助金の対象となる森林整備は、どのような施業?

人工造林

拡大造林、再造林、被害跡地造林

保育施業

雪起こし、下刈り、除伐、保育間伐、間伐、枝打ち

複層林施業

更新伐、樹下植栽等

森林作業道の開設

上記の施業に必要な森林作業道の開設

補助金は、どの程度?

主な施業におけるおおよその補助金額は以下のとおりです。(補助金額は施業実施の条件や事業の種類、予算状況等によって異なります)

再造林

山の木を伐採したまま放置すると、土砂が流失したり山崩れが発生し易くなるとともに、裸地化して水を蓄える水源かん養機能が著しく低下します。公益的機能の発揮を図るとともに、次代に引き継ぐ森林を造成するためにも再造林を進めることが大事です。

再造林の補助金算出例(平成30年度)

植栽樹種 植栽本数 標準単価 補助金額
スギ、ヒノキ

2500本~2999本

804

289~716

(単位:千円/ヘクタール)

注※1植栽本数はヘクタール当たりの本数です。
注※2補助対象となる植栽樹種には他にクヌギ、コナラ、ケヤキ等があります。
注※3上記補助金額は、地拵えを刈り払い機により行った場合の計算例です。

雪起こし

植栽後10年間程度は、真っ直ぐな木をつくるためには、必要に応じて春の雪起こし作業が必要です。

雪起こしの補助金算出例(平成30年度)(被害率30パーセントの場合)

林齢 標準単価 補助金額

1~5年生

110

12~29

6~10年生

167

18~45

竹杭法

81

9~22

 (単位:千円/ヘクタール)

注※1雪起こし作業は、積雪による倒伏等の被害が森林の30%以上の立木で発生した場合に補助対象となります。
注※2「竹杭法」とは、幼齢な植栽木を竹杭に結びつけて起こす簡易な雪起こしです。
注※3上記補助金額は被害率を30%と想定した場合の計算例です。

下刈り

植栽した苗木は、背の高さが周辺の草より高くなる(通常はスギで、7年生程度)まで夏場の下刈り作業が欠かせません。

下刈りの補助金算出例(平成30年度)

標準単価 補助金額

159

57~141

(単位:千円/ヘクタール)

原則として下刈りが必要と認められる場合のみ補助対象となります。

間伐

間伐は人工的に苗木を植栽した造林地で、樹木の成長に応じて成立本数を調整(間引き)するものです。

間伐の補助金算出例(平成30年度)(間伐率概ね30パーセント以上)

搬出量(立方メートル)

標準単価

補助金額

10立方メートル未満

102

37~91

10立方メートル以上20立方メートル未満

162

58~145

20立方メートル以上30立方メートル未満

223

80~198

30立方メートル以上40立方メートル未満

283

102~252

40立方メートル以上50立方メートル未満

344

124~306

50立方メートル以上60立方メートル未満

404

145~360

60立方メートル以上70立方メートル未満

423

152~377

70立方メートル以上80立方メートル未満

480

173~428

80立方メートル以上

537

193~478

(単位:千円/ヘクタール)

注※1次の条件を満たした上で、原則、間伐率概ね30%以上が補助対象となります。

  • 実施箇所を5ヘクタール以上集約化すること。
  • 実施箇所の1ヘクタール当たりの間伐材の搬出材積が10立方メートル以上であること。

注※2原則として、12齢級以下が補助対象です。
注※3上記補助金額は、車両系の林業機械等により定性間伐を行い間伐材を搬出した場合の計算例です。

その他制度詳細

京都府問い合わせ先

  • 京都府農林水産部林務課
    電話075-414-5002ファックス075-414-5010
    Eメールrinmu@pref.kyoto.lg.jp
  • 京都林務事務所林務課(京都市、向日市、長岡京市、大山崎町)
    電話075-451-5724
  • 山城広域振興局農林商工部森づくり推進室
    電話0774-21-3450
  • 南丹広域振興局農林商工部森づくり推進室
    電話0771-22-1017
  • 中丹広域振興局農林商工部森づくり推進室
    電話0773-62-2586
  • 丹後広域振興局農林商工部森づくり推進室
    電話0772-62-4306

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部林務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

rinmu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?