ここから本文です。

京銘竹

世界に誇る伝統と優れた加工技術!

竹林街道

 

 

 

 

 

京都府の竹材の歴史は古く、すでに平安時代の頃、中国からもたらされた竹が育てられたといわれています。自然に恵まれ、技に磨かれ、京都から世界に名だたる銘竹が生まれてきました。

竹林街道と竹林

人工で作られた竹は、床柱、洛掛、棹縁、腰板や花筒など、和室を演出する材料として広く使われています。

また、京都の伝統工芸「京竹工芸」の原材料としても利用されています。天井への竹活用

 

白竹腰張りの竹活用

京銘竹とは?

白竹・図面角竹・亀甲竹・胡麻竹の総称です。

 

角竹の箱上げ

 

京銘竹に代表される図面角竹は、タケノコが地上に顔を出してから柔らかいうちに木枠に入れて、四角の竹にした後、硫酸と砂などを混ぜた液を棹にハケでつけます。すると、この溶液の作用で棹に模様がつきます。

 モウソウチク

 マダケ

見学施設など:東洋竹工株式会社

         竹又・中川竹材店

京銘竹の生産地:京都市西京区・向日市・ 長岡京市一円

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?