ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社クロスリアリティ(京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社クロスリアリティ(京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) コンテンツ 京都府の産業支援情報

「AR/VR開発者育成フルカリキュラム」スタート

(令和2年9月4日、ものづくり振興課)

令和2年10月5日からスタート。詳しくは「VRIA京都」ホームページ「AR/VR開発者育成フルカリキュラム(外部リンク)」をご覧ください。

カリキュラムイメージ

 

会場

 

無料AR/VR体験ワークショップ定期開催

(令和2年8月21日、ものづくり振興課)

定期開催

「VRIA京都」無料AR/VR体験ワークショップ(外部リンク)定期開催のお知らせ
  • AR/VRコンテンツがスマホでも30分で作成できる!初心者向けAR/VRコンテンツ作成
  • VR(立体視)って自分で作れるの!?Unity&VRプログラミング体験

AR/VRやプログラミングの未経験者も大歓迎。詳しい日時は「VRIA京都」ウェブページ(外部リンク)にてご確認ください。

 

太秦に最先端映像技術を学ぶアカデミー(テレビ紹介)

(令和2年8月8日、ものづくり振興課)

テレビ放送
太秦に最先端映像技術を学ぶアカデミー(KBS京都テレビで放送)(外部リンク)

AR/VR開発者育成短期コース開催

(令和2年7月23日、ものづくり振興課 足利、丸山)

VRIA京都(外部リンク)AR/VR開発者育成短期コース(外部リンク)」開催のお知らせ
  • 3Dインタラクティブコンテンツ開発&プログラミングコース(2020年9月7日~18日、全10回)
    インタラクティブコース

 

低コスト・安全・迅速・高度な知識移転で未来を拡張する「AVRプラットフォーム」

(令和2年7月22日、ものづくり振興課 足利、丸山)

AVRプラットフォーム

 株式会社クロスリアリティ(外部リンク)(京都市)の田中ディレクター、野上プランナーにお話をおうかがいしました。

AR/VRによる低コスト・安全・迅速・高度な「知識移転」

--AR/VRを世界展開されている米国EON Reality社と組んで、教育、ビジネスでのAR/VRの活用促進を進めようとのことですが、改めて教えてください。

田中)副知事様に大変お世話になり、2019年4月1日に株式会社エスユーエス(外部リンク)と学校法人三幸学園が共同出資して設立し、EON Reality社との業務提携によって、AR/VRソリューション「AVRプラットフォーム」の導入促進を図るとともに、現在、東映京都撮影所内に、AR/VR開発のエキスパートを養成するスクール「VRIA京都」の開校準備を進めています。

VRIA京都
(準備中の様子)

--VRIA京都については、また次回おうかがいするとして、AVRプラットフォームとは何ですか?

野上)企業および教育機関向けのAR/VRトレーニングの統合パッケージソフトで、「知識移転」をAR/VRで円滑に解決するためのソリューションです。

--知識移転?

野上)例えば、工場などの技術が必要な現場における従業員教育を想定しますと、トレーニングにかける時間、人件費等のリソースがかかりますし、多様かつ広範なトラブル等を事前にトレーニングすることも難しいです。テクノロジーの進歩や社会の複雑化が著しい現代社会においては、使用する機器や業務の変更も多く、適宜の対応も大変です。

--ふむ。

野上)しかし、従来のテキスト重視のトレーニングは実践が伴わず、複雑な手順を学ぶのに重要となる論理的思考、課題解決、コミュニケーション力等のサポートは不得手ですし、長期的に実務能力を評価するには不十分です。

--なるほど。

野上)そこで、AR/VRによる体験トレーニングによって、リアルの機器等を用いてコストをかけて、というのではなく、安全かつ低コストで反復練習ができますし、体験トレーニングによりリアルタイムでの指示、フィードバックを提供することも可能で、「知識移転」を低コストかつ安全・迅速・高度に行うことが可能というものです。

3つの機能

複雑なミッションも達成できる「AR ASSIST」

--なるほど。具体的にはどういったものですか?

野上)3つのサービスがあります。まず「AR ASSIST」は、ARを用いて、リアルタイムでタスク指示ガイダンスを受けたり、複雑な環境での経路探索ができたりと、長年の経験や追加のトレーニングを積むことなく、複雑なタスクを実行するために必要な知識を提供することにより、従業員の仕事の遂行を支援します。

スマートグラス Ar画像例1 Ar画像例2

--いい感じですね。「ミッションインポッシブル」もポッシブルになるわけですね(笑)。情報の付与はどうするのですか?

野上)リモートユーザーが作業現場にARナレッジマーカーを配置するか、運用管理者がコマンドコンソールからアンカーポイントを配置することができますし、マーカーには、IoTデータ、テキスト、音声、動画、3Dデータ、またはその他のメディアで注釈を付けることができます。また、手順にナレッジマーカーを添付して、作業者のタスクをガイドすることもできます。

マーカーセット

パフォーマンスの解析も可能なVRトレーニング「VIRTUAL TRAINER」

--そうなのですね。

野上)次に「VIRTUAL TRAINER」は、VRで従業員をトレーニングするもので、手順の練習、遠隔トレーニング、仮想認証などの企業トレーニング、および職業訓練やパイロットプラントのシミュレーションなどの教育アプリケーション向けに設計されています。

VR装着 VR画像例

--なるほど。

野上)日々の仕事を中断することなく、標準の操作手順や緊急事態などにおけるタスクを安全に練習できますし、これらのタスクのパフォーマンスはログに記録、追跡され、トレーニングマネージャーと人事担当者が、トレーニングプログラムの有効性と従業員の能力に関する分析を得ることができます。

データ管理

AR/VR技術者でなくても簡単に作成できる「CREATOR AVR」

--さきほどのAR ASSISTもそうでしょうが、データとして残せるというのも、AR/VRの利点の1つなのですね!分析をはじめ様々な応用展開が期待できますね。

野上)そうなのです。そして3つ目の「CREATOR AVR」ですが、AR/VRの技術者でなくても簡単にトレーニングメニューを作成し、配信ができるもので、講師向けのツールです。これも、生徒のパフォーマンスをモニターすることができますね。

制作 AR活用 VR活用

--なるほど。結局、「AVRプラットフォーム」というのは、統合パッケージソフト、つまり、ちょっと違うかもしれませんが、ゲームで言えばUnityやUnreal Engineみたいなものですね。・・・

野上)まあ、そういうことです。そして、これら3つのサービスは、いずれもシングルサインオンつまり、1つのアカウントでOKです。

シングルサインオン

--お手軽でいいですね。

野上)一定のライセンス数が必要ですので、現時点では、大きい工場や分散して工場をお持ちの大きな企業様がメインですが、多くの引き合いをいただいております。

--工場でなくとも、私なんか、この歳になって、事務手続すらよくわからないことが多いので、これで助けてほしいくらいですよ。

田中)これで日本の未来を拡張したいですね!

 

 

ぜひ日本の未来、拡張してほしいです!

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?