ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社ケイジパック  (京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社ケイジパック  (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

specialpartner1 gojyuuonnjyunn mono   

ダンボール什器「Reboard」でダンボールの更なる可能性を追求!

(掲載日:平成29年7月3日 ものづくり振興課)

keijip01keijip02keiji-n01

 株式会社ケイジパック(京都市)の八木代表取締役社長様にお話をおうかがいしました。

軽量・低コスト・リサイクル可能― ますます需要が高まるダンボールケース

-まずは御社の概要から教えてください。

八木) 1990年創業、現在従業員37名で、ダンボールケースをはじめ、各種化粧ケース、包装資材、印刷物、什器・POP・ディスプレイ等の製造販売をしています。

-ダンボールケースの製造ですか。

八木) はい。ダンボールの2次加工ですね。大手段ボールメーカー等が手掛けてらっしゃる各種の板状ダンボールを素材として、当社では、ケースのデザイン、ダンボールのカット、印刷、ケースの組立といった工程を担っており、お客様のご要望に合うケースづくりを地域密着で行っています。

keijip04keiji-n02

 -私たちの暮らしの至る所で利用させてもらっていますが、改めましてダンボールのメリットについて、いかがでしょう?

八木) 他の梱包資材と比較して、軽い、安い、リサイクル可能ということですね。ネット通販が華盛りということもあり、需要はますます高まっています。当社の場合は、お菓子、野菜、米をはじめとする食品向けのご利用が特に多いですし、衣服など繊維向け、スマートフォンなどの機械向けなど、多岐に亘ります。

文字通りの短納期(数時間)・小ロット(1個から)!

  -なるほど。では、業界の中での御社の特長はどういった点でしょうか?

八木) 1つは短納期・スピード納品、2つ目は小ロット発注可能ということですね。

-短納期とはどれくらいですか?

八木) 物により適時異なりますが、内容に応じて現場やインフラの使い分けをして対応しております。一部ではありますが、当日に納品している事もあります。

-すごいですね!では、小ロットとは?

八木) もちろん1個からでも可能です。UVインクジェットプリンターを用いて印刷し、次世代カッティングマシンで製図データを元にカットすることによって、木型・印板を作る必要がなくなりました。データから直接サンプル製造できる、いわゆるオンデマンド方式ですので、低コストで、例えばお店のPOP1個からでも、大判パネル1枚からでも作成いたしますので、何なりとご相談ください。

keijip08keiji-n03

-1個からですか! 

八木)はい。1個(1枚)からですが、お客様とのお打合せを綿密に行い、お客様のご依頼内容によってはデザイン、CADによる図面作成を行いまして、完成イメージを3D画像にして、お客様にメールでご確認いただきます。これをサンプル作成前に行うことで納期の短縮が可能となります。この後は、サンプル作成、完成品製造、納品という流れになります。

keijip06 keiji-n04
(左)CADによる作図   (右)3Dデータ

圧倒的存在感を演出するダンボール什器「Reboard」

 -さて、什器も様々作ってらっしゃいますが、「ダンボール什器」というのは何ですか?

八木) 文字通りダンボール製の什器です。先ほども申しましたとおり、ダンボールはかなりの荷重に耐えることができます。ですので、例えば、フロントカウンター、ディスプレイスタンド、商品陳列棚はもちろん、ディスプレイ等埋め込み什器も可能ですし、サイドテーブルや椅子などもできますね。

keiji-n05

-利点はどういったことでしょうか?

八木) 1つは、ダンボールそのものの特徴、すなわち、軽い、安い、リサイクル可能ということです。そのまま廃棄が可能ですので、「ダンボールごみ箱」ならば、ごみ箱ごと捨ててしまうことも可能ですよ(笑)。年1回のイベントなどなら、ごみ箱をいちいち作るのは無駄が多いし、レンタルするのも手間です。ダンボールゴミ箱なら、1個から製造可能ですし、その都度廃棄して(リサイクルに出して)、毎年新しいプリントデザインも可能ですよ。

-それはいいですね!

八木) 2つ目の特長としては、当社の強み、すなわち、短納期、小ロットでご提供できるということです。そして、最大の特長は、ダイレクト印刷が可能で、とてもデザインフル、カラフルです。普通はプラスチック系の素材の上に、印刷したシートを貼り付ける必要があるのですが、そういう工程が不要ですので、素早く、カラフルさを実現できます。展示会等でも、ひときわ目立つ、存在感が圧倒的だったというお声をいただくなど、大変好評です。

keiji-n06keiji-n07keiji-n08keiji-n09

-まさに、あるようで無かった、という印象を持つのですが、他でやってらっしゃるところ、あるのでしょうか?

八木) 当社の保有しているカット機と同等のものをお持ちのところは、可能かもしれませんが、京都近辺ではないのじゃないかと思います。ダンボールは、とてもなじみ深いものですが、まだまだ様々な可能性を秘めている素材です。そんなダンボールの可能性をどんどん追及していきたいと思っています。

keijip11

 

今後の展開がますます楽しみですね!

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5103

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?