ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > みやこ出版 (京都企業紹介)

ここから本文です。

みやこ出版 (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 起業タイトル 京都府の産業支援情報

BitSummit及び京都eスポーツゲーム大賞タイトル

ゲーム「獄門ペンギン」リリース

(令和2年6月27日、ものづくり振興課 足利)

ゲームタイトル

BitSummit Gaiden(外部リンク)(2020年6月27日~28日)」にオンライン出展中のみやこ出版(外部リンク)(京都市中京区)代表・川中紀陽子さんのお話をおうかがいしました。

インディーならではのシュールなステルス・アクションゲーム

--BitSummit出場チームのうち、京都のチームにアプローチしようと連絡したら、なんと、川中さんでした(笑)。

川中)個人名で活動するのもなんなので、屋号として、去年から「みやこ出版」を名乗っているのです。

--そうでしたか。

川中)京都府さんとはご縁が深いです。もともとグラフィックデザイナーとして働いておりましたが、10年程前に独立した際、当時、太秦の大映通り商店街にあった、UZUという京都府さん運営のコワーキングスペースに入居した際からのお付き合いです。それに、BitSummitをみやこメッセで盛大に開催するようになった際、「集客のために、関連イベントを併催したい」と相談を足利さんが持ちかけて来られ、「ゲーム関連企業合同説明会 Job Jam Kyoto」も開催しましたね。

--懐かしいですね。

川中)今でこそコワーキングとかシェアオフィスは増えてきていますが、どこも、机一つで何万円とかかりますので、起業家には重い負担です。自宅でもいいのですが、すぐベッドがあったり、猫のペットもじゃれてきたりして、なかなか仕事ができません(笑)

--ベッドもペットもね(笑)

川中)そんな中でUZUは5000円くらいと破格だったのです。そこで、同じくUZUに同居されていた開発室Pixelの天谷さんのゲーム開発をお手伝いすることになったのが、ゲームと関わるきっかけとなりました。

--さて、先日25日にリリースされたゲーム「獄門ペンギン」。事前にBitSummit出展全ゲームを拝見した中でも、個人的におもしろそうだなあと思ったゲームの1つでした。本人が前にいらっしゃるから持ち上げて・・・ではなく(笑)。改めてどんなゲームですか?

川中)えっ?!紹介して、京都府さんの品位を落としませんかね(笑)

--たしかにシュールですね、相当。竹刀を持ったペンギンに嬲り殺されるんですから。そのシュールさが、インディーならではでいいんじゃないかと思います。

川中)BitSummitにあわせて、リリースをしたわけですが、ゲームの分類としては「ステルス・アクション」ゲームです。施設内を1人称視点で動き回るのですが、ペンギンに3回見つかったらゲームオーバーとなります。かくれんぼ的な要素ですね。これを「ステルス」と言います。

--なるほど。

川中)しかし、ただ隠れる、逃げ回るだけでなく、対抗手段が1つだけあります。施設内のキッチンにペンギンを誘導しそこに閉じ込めますと、施設を脱出するためのキーを得られます。これが「アクション」です。

コロナ前から、フルリモートワーク

--開発期間はどのくらい?

川中)1年くらいですね。

--チーム構成は?

川中)企画・ストーリー、グラフィックは私自身で行っています。グラフィックを3Dにするところは、京都の企業さんに外注しています。また、プログラミングは、京都の学生にフルリモートで外注しています。

--フルリモート?

川中)最初の面接以外は、たまたま近くに来る用事があったついでなど以外は、全てオンラインです。

--コロナの前から?

川中)はい。私にはできないプログラミングをなさる貴重なプログラマーの方に、1時間かけて通勤してもらうのが、その1時間が、もったいないと思ったんです。それでも、ここに来たがる子もいたのですが、通勤手当を省ける分、時給に乗せることとし、基本全てリモートにしました。

--ほほう。リモートワークの際の留意点はどうですか?

川中)相手の性格等によって、対応を変える必要はありますよね。ToDOリストを渡しておくだけの方が良い子もいれば、細かく見てやる必要がある子もいます。問題が起こりそうになる前に、察知する能力がこちらに必要ですね。そうでないと、何かかみ合わないうちにダメになってしまった・・・ということが起こるのだと思います。

開発風景

ゲーム開発のピラミッド構造

--示唆に富むお話ですね。その他開発におけるご苦労は?

川中)できた、と思っても、半分はうまくいかないということですね。1つのバグを直すと、別のバグは発生し、さっき動いてたものが、ちょっとしたことで動かなくなったり。

--それはゲームエンジンの熟度やクセということですか?

川中)それもありますし、いろいろな要素がありますね。たしかに、エクセルやワードなら、入力したら出力は確実ですが、ゲームエンジンの仕様によって、入力が仕様上想定外のものであるからかもしれませんし、開発者側の問題、ゲームエンジンのクセの問題など、事情は様々ですね。

--なるほど。

川中)よく、ゲーム開発者の交流で、飲み会等があったかと思いますが、私は「このバグを直してくれる人、集まって!」という場がほしいくらいです。

--なるほど。それはそうですよね。

川中)ゲーム開発のステージごとに、悩みは分かれますし、数もピラミッド型になっていますね。初期段階にとどまってる人たちが多く、実際にリリースに辿り着けるのは、ごくわずかです。

ユーザーが審査員

そうなのですね。販売面のご苦労は?

川中)私、ここに籠ってゲーム開発をしているうちに、すっかり人脈をなくしてしまいました。久しぶりにパブリッシャーに連絡しても返事が来なかったり、ということとなるとヘコみます。孤独ですね(笑)。漫画家の方でも、出版社となかなか繋がれず、自らSNSで発信する方も出てきてますが、気持ち、わかります。

--なるほど。

川中)ユーザーの方には、お手柔らかにお願いしますと、お伝えしたいです(笑)。映画とかって、内容がどうであれ、だいたい値段が決まっているじゃないですか。

--そうですね。本だって、漫画だって、内容がどうであれ、大きさ等で決まってますよね。

川中)でも、ゲームはそうじゃないんです。クリアできた時間が短いと「なんでこんなに短くクリアできるのに、この値段なのか」って、けっこうたたかれたりするんですよ。値段に対して結構シビアです。特に日本の方は。

--お客さんが審査員なのですね。

川中)そうですね。

BitSummitを通じて世界へ

--今回、Steamを通じてのリリースですね。世界最大のプラットフォームですね。

川中)今回のリリースが、ゲーム開発を続けていけるかの試金石だと位置づけています。Steamにしたのは、海外に売っていきたいからです。今回のBitSummitは、公式の海外メディアがあまり多くないので、少し残念に思っていたのですが、今朝になって、海外のメディア数社から、「BitSummitにあわせて生配信していいか?」と連絡が来たのです。とても嬉しいです。

--いいじゃないですか!!

川中)しかし、私も多言語対応できないので、わずかに残っている知り合いのツテを通じて、多言語対応を、先ほど頼んだのです。これが、リアル開催でどこかに集まって、となれば、とても無理な話なのですが、オンラインでのやりとりなので、なんとかなりそうです。オンライン開催のメリットの1つかもしれませんね。

--なるほど。

川中)BitSummit自体は、とてもありがたいイベントです。ある四国の県では、ゲームに対して厳しい意見が出ていたりしますけど、京都府がゲーム産業を応援してくれるというのは、ゲーム開発者にとってとてもありがたいものです。

 

 

ぜひ成功を祈ります!!

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?