ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 株式会社ムーブ (京都企業紹介)

ここから本文です。

株式会社ムーブ (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

specialpartner1 gojyuuonnjyunn title_fusimibijin mono 

京都・伏見から、プレミアムフェイスマスク 誕生

(掲載日:平成29年12月22日 聞き手・文:ものづくり振興課 足利)

伏見美人フェイスパック(外部リンク)

fusimibijinfacepack

「厚くて固い」に強みあり!UV印刷をはじめとする印刷技術開発 

(掲載日 平成28年8月23日 ものづくり振興課)

 taiwaprint01 taiwaprint02

 株式会社ムーブ(京都市伏見区、旧 泰和印刷株式会社)の三浦代表取締役様にお話をおうかがいしました。

厚くて固くて小さい紙の印刷・加工に「強み」あり! 

まず、事業の概要を教えてください。

三浦) 1947年に創業し、吊下げラベル(下げ札)、カタログ、書籍などの商業印刷、写真集その他の高級美術印刷などの印刷を行っています。印刷にかかわる相談を始めとして、企画提案から、デザイン、DTP、製版、印刷、加工、製品の検品、納品まで一貫対応を行っています。

taiwaprint03 taiwaprint04 taiwaprint05

-特に技術的に強い分野はどういったところですか?

三浦) 厚めのものでも印刷・加工できるのが当社の特長の一つですね。創業当初から大手繊維メーカー製品の吊下げラベルの加工に携わってきました。これは、厚くて固い紙、しかも時間がたっても色落ちしにくい特殊な紙への印刷、加工(カット等)を行うものでして、長年ノウハウを積み重ねてきましたし、対応できる設備も備えています。色々な分野のものがありますが、最近の話題でいえば、「パラパラブックス」の印刷・加工は伸びているアイテムですね。厚手で固い上に、小さいので裁断機が難しいのです。ずれたりかけたりしないように工夫が必要です。

taiwaparapara01 taiwaparapara02

立体感・躍動感あふれるオリジナル印刷技術「UV(疑似エンボス)印刷」

-御社は、印刷の技術開発にも熱心でらっしゃいますね。

三浦) 当社が主導し、印刷機メーカー、印刷材料メーカー協力のもとに開発した技術として「UV(擬似エンボス)印刷」があります。これは、水と油のように性質の異なる2種類のニスがはじきあう特性を利用した技術です。反発性の高いニスを独自で開発し、一方のニスを印刷物の暗部に塗り、その上からもう1つのニスを塗ってUV(紫外線)で乾燥すると、はじかれたニスが泡状に盛り上がって固まる仕組みを利用したものですこれにより、エンボス感、光沢感、つやけし効果を表現でき、高級感あふれる立体感覚あふれる表現が実現しました。

taiwaprint06

 

-ウェブの写真で伝わるかどうかわかりませんが、実物は、すごい立体感ですし、すごい躍動感ですね。驚きです。

三浦) UV印刷は、紙だけでなく、フィルムやプラスチック、塩ビ、合成紙等、印刷機を通せるものであれば、どのようなものにも印刷が可能です。

taiwaprint01 taiwaprint07

-素晴らしい。

三浦) このUV印刷技術の延長として、点字をスクリーン印刷で実現しました(実用新案登録済)。点字は、6つの点で仮名・数字・アルファベットなどの読みを表す6点式のものが一般的です。この6つの点のかたまりをマスと呼び、それらを組み合わせることで点字の文章を作成できます。当社ではデータベースソフトを活用し、読みを入力・変換して点字の文章を作成。正確な点字表現が可能です。

「パッケージ印刷通販」で様々な企業を支える

-さて、今、伸びている分野はどういったものでしょうか?

三浦) インターネットによる「パッケージ印刷通販」ですね。デジタル印刷機の登場でオンデマンド印刷が可能になりました。新商品を売り出す企業様らが、その包装パッケージを頼んでこられるケースが多いです。いきなり大量にというわけにもいかないので、少量多品種対応を求めてということです。1個からも対応していますし、特に当社の場合は、分厚い紙の印刷・加工を得意としていますので、商品パッケージの印刷に向いています。

-なるほど。今後の展望はいかがでしょうか?

三浦) 「パッケージ印刷通販」で様々な分野の企業様の商品パッケージづくりをお手伝いしてきますと、今後伸びていきそうな分野ですとかのヒントが得られます。そうした知見を基に、例えば、地元伏見の活性化につながるような、新商品開発のお手伝いですとか、そうしたサポートビジネスのようなことも、1つの可能性として展開を検討していきたいです。

 

同社の新しいビジネス展開が大変楽しみです。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?