ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > 高槻電器工業株式会社 (京都企業紹介)

ここから本文です。

高槻電器工業株式会社 (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京都府の産業支援情報

Made in Japanを支えるEMS受託サービスと匠の技を活かした真空管アンプ

(掲載日:令和2年7月10日 ものづくり振興課 足利)

工場内真空管

高槻電器工業株式会社(外部リンク)(久御山町)の取締役事業管理部長の山崎様と同部真空管事業チームマネージャーの藤岡様にお話をおうかがいしました。

製造から検査まで全て担うEMS事業

--まずは改めまして御社の概要を教えてください。

山崎)設立は昭和32年で、現在、EMS事業、すなわち、電子部品の製造・組立の受託サービスや、自社開発品である真空管、真空管アンプ製造販売、アグリ事業などを行っています。こちら本社工場の他、富山県、福井県や、鹿児島県には2か所工場があり、従業員は現在約480名です。

--御社ホームページに、取引先企業には日亜化学工業株式会社さんがあるのですね。青色発光ダイオードで有名な。

山崎)現在のEMS事業の主力は発光ダイオード(LED)ですね。

--電圧をかけたらp-n接合部でそれぞれのホールと電子が結合して消滅し、電子がエネルギーの高い状態から低い状態になって余ったエネルギーが光として放出される、ということでしたね、LEDは。

山崎)半導体材料によって、そのエネルギーの大きさ異なり、大きいほどエネルギーの大きな光、すなわち、青色のような短い波長の光となる、ということです。LED照明、テレビはもちろん、携帯電話、パソコン、電光掲示板、産業機器など様々なところに使われています。

製品ロードマップ

--半導体レーザーも製造なさってきたのですね。

山崎)発光する原理はLEDと同じですが、レーザーでは位相を揃える工夫がしてあり、レーザーの光は位相が揃っているため真っ直ぐ進むのです。

--なるほど。こうして半導体関係を長らくされてこられたのですね。

山崎)EMSでは、砲弾型LED、チップタイプLED、セグメントLED、ドットマトリックス型LED、モノリシックLED、赤外線LED、紫外線LED、半導体レーザー、ホログラムレーザー、液晶パネル、フォトダイオード、フォトトランジスタ、ゲルマトランジスタ、シリコントランジスタ、FETジャンクション、IC、LSI、VLSI、ホール素子、真空管等の実績がありますよ。

--半導体製造装置も様々なものをお持ちなのですね、当たり前のことを聞いてしまいますけど。

山崎)多数のICが形成されたウェハー状態から1個1個のチップ状態に分離・切断するウェーハダイシングマシン、ウエハーからピックアップしたチップを、基板・フレーム上にボンディングするダイボンダーや、モールド(成型)では画像認識付き注型機、ダイシングでは高速回転ブレードにより対象物を切断切溝加工する装置ダイシングソーなど、生産設備や検査装置も様々ありますよ。

ウェーハダイシングマシン ダイボンダー 画像認識付き注型機 ダイシングソー

--なるほど。

山崎)あるいは、実装ラインで言えば、スクリーン印刷機、チップマウンター、リフロー炉、外観検査機などですね。

スクリーン印刷機 チップマウンター 外観検査機

--そうなのですね。

山崎)実装した例はこういったものですね。他にも大手電子部品メーカーを長年支えてきた生産の実績と、信頼性評価の経験によって培ってきました技術とノウハウを基に、電子デバイス・モジュール類の信頼性評価試験サービスも行っています。

実装した例

--試験?

山崎)・急激な温度変化による性能の変化を調査する温度サイクル試験、高温下において長時間電気的ストレス(電圧、電流)を与え、影響を評価する高温通電試験、はんだ付けしたときの耐熱性を評価するはんだ耐熱試験など、これも様々です。

試験装置

--つまり、製造から検査まで、全て任せられるということですね。

山崎)はい、それに大量生産だけでなく、1個など少量試作品も対応できることありますよ。

大手電機メーカーの数々を支え知り尽くし提案できる秘訣は人材育成・登用

--御社の強みはどう表現したらいいでしょうか?

山崎)まず、日本のほぼ全ての大手電機メーカーに対してEMS事業を展開してきました。各メーカーによって要求レベルや手法が異なるのですが、全て柔軟に対応してきました。

工場内

--なるほど。

山崎)それに、提案型ですね。量産を行うには、量産なりの設計仕様が必要です。それをよく心得ていますから、より安く効率的な生産方法、仕様を提案しています。

--どうして御社は、そうした柔軟な対応、提案型のスタンスが実現できるのでしょうか。

山崎)人材育成、人材登用ですかね。早め早めに部門長をさせることで、責任感を養うとともに、視野を広げ、柔軟性も養います。

社員

真空管メーカー発のオーディオアンプ

--そんなEMS事業で培われた技術ノウハウを活かした自社製品のLEDなどもお持ちですね。

藤岡)そうですね。白色LED斜光ライト、フルカラーLEDテープ、植物工場用直管型LED・LEDデバイス、紫外線ハンディライトなど、これまた様々ございますね。真空管や真空管アンプもございますよ。

ライト 紫外線ハンディライト 紫外線ハンディライトで映写

--真空管、ですか。今ではあまり見かけませんね。

藤岡)真空管は、かつて、もともとEMS事業で作ってきた実績がありますが、トランジスタ(半導体)と同じく、電圧や電流を「増幅」するためのものです。金属は熱したりすると電子が飛び出しやすくなる性質があるので、マイナスの電極(カソード)に電熱器が付いています。プラスの電極(プレート)に電子が飛び移るのですが、空気の分子があると効率よく飛び移れないので、全体をガラスチューブで覆って真空にしているというのが、簡単に説明した原理です。

真空管

--なるほど。なんかかっこいいですね。

藤岡)その真空管を用いたアンプ、真空管アンプも作っています。アンプは音源(CDプレーヤーなど)から受け取った小さな電気信号を調整したり、スピーカーにて大きな音で鳴らせるように増幅するのがアンプですが、それにトランジスタではなく真空管を用いたものです。真空管にしか出せない柔らかいサウンドが出せると、根強い人気があります。

真空管アンプ

--なるほど。

藤岡)レコードが再び人気であったりといったことに象徴されるように、音楽の趣向も再生ソースも多様化の一途を辿る中、好みの音が追求できる3つの音質調整機構も備えています。

操作盤 3つの音質調整機構

--音楽を愛する人には、たまらない魅力、ですね。

藤岡)本社内に予約制の視聴室もあります。こちらです。石井オーディオ研究所の石井伸一郎先生に手掛けていただいたものです。いい音色でしょ!

視聴室 本社社屋

 

これはなかなか素晴らしい、ですよ!!

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?