ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業支援について > トスレック株式会社 (京都企業紹介)

ここから本文です。

トスレック株式会社 (京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業を紹介するページです。

specialpartner1 gojyuuonnjyunn mono 

kyoutoquolitytitle2   

超高濃度ウルトラファインバブル発生装置及び洗浄殺菌装置(トスレック株式会社

(掲載日 平成28年1月12日)

 トスレック株式会社(外部リンク)研究開発部の中尾部長様、福島様にお話をおうかがいしました。(チャレンジ・バイ企業)

 

-今回超高濃度ウルトラファインバブル(UFB)発生装置と洗浄殺菌装置を開発中でらっしゃいますが、御社の本業は?

福島) 国内外約500名の従業員により、自動車関連をはじめ幅広い業種向けに電子基板のEMS(受託生産サービス)を行っています。企画段階から試作、少量多品種、超大量生産まで対応しています。今回、事業の多角化の一環として超高濃度UFB発生装置等の開発を手掛けています。

 気体・液体を問わず、バブル粒径・濃度の制御が可能なUFB発生技術

-ではまず、UFBについて教えてください。

中尾) ファインバブル(バブル粒径100μm以下)のうち、粒径1μm以下のものを言います。小さいため狭い隙間に入り込めることによる洗浄機能、マイナスに帯電して汚れなどプラスのものに付着しやすいことによる分離・混合機能、バブル圧壊時に発生する衝撃波により周囲に圧力変化をもたらす機能(細胞破壊を必要とする医療や醸造での活用など)など、様々な機能を有しています。

-御社のUFB発生技術の特長は?

中尾) まず1つ目として、ファインバブルの生成方法は、液中に圧縮した気体を一気に解放させる加圧溶解によるもの、気体と液体の高速旋回によるもの、衝撃波によるものなど様々ですが、従来技術ではファインバブルとUFBが混在します。一方、当社の新技術(特許出願中)では、いわば強制的にファインバブルを圧壊することで、UFBのみを均一・超高濃度に生産するなど、バブルの粒径・濃度の制御が可能です。次に2つ目として、従来技術では、バブル化する際に粒径の大きなバブルが気液界面で崩壊する際に、内部の気体が外部に放出され大気濃度が上がるために、可燃ガス・有毒ガスの対策が不可欠ですが、当社では特殊構造タンクを用いた技術を確立し、バブル化する気体・液体を外部に漏らさないので、気体・液体を問わずUFBを生成できます。

医療機器・食品の洗浄等への活用

-用途面ではどういうメリットがありますか?

中尾) それが3つ目の特長ですが、従来技術では、バブル発生機構が高吐出圧であることから、金属部品の使用が不可欠で、金属腐食や金属イオンが発生するため用途が限られてきました。当社では高吐出圧を要求しないため、全樹脂化が可能で、食品製造、医療機器、化学合成、金属加工の脱脂洗浄、樹脂加工の洗浄にも応用が可能です。

-洗浄殺菌装置はいかがでしょう?

中尾) UFBを対象物に適合させ、少量の水流で細部の異物やウイルス・細菌類を洗浄・殺菌するものです。医療機器や食品の洗浄への活用を想定しており、芽胞菌をゼロとすることにも成功しています。

-様々な応用・活用が期待できるわけですね。

中尾) はい。例えば、農畜水産物の成長促進や鮮度維持、農畜水産物加工分野では果汁バブル化による殺菌効果(防腐剤なし)によって長期保存など、多くの可能性が考えられます。

 

 多くの可能性を秘める同社の技術。今後の展開が楽しみです!

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5103

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?