ここから本文です。

第1回ミライロボット研究会 開催レポート

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) Robot Center Kyoto 京都府の産業支援情報・京都府ものづくり振興課 

(ものづくり振興課)

2019年8月20日、けいはんなロボット技術センターにて開催されました。

まずは、本年7月にロボットの世界大会「ロボカップ2019」(シドニー)のレスキュー部門で優勝された、京都大学大学院工学研究科の松野教授から、生物型ロボットやレスキューロボット、それらを支える技術についてご紹介いただきました。
ミライロボット研究会様子1

次に、神奈川県からお越しいただいたinaho株式会社様からは、自動野菜収穫ロボットを題材に、収穫スピードがどんどん速く進歩していること、一方で、天候などが常に変化する農業においては、収穫適期の画像認識は大変難しいことなど、ご説明がありました。
ミライロボット研究会様子2

続いて、福岡県からお越しのニワカソフト様から、DJI主催「RoboMaster」についてご案内。ロボットから球を発射して相手のロボットの的に当てるゲーム。1チーム6台の地上ロボットと1台のドローンで構成されますが、操縦者はロボット・ドローンのFPV(1人称ビュー)により操縦するため、ドローンからの俯瞰映像等をうまく活かすことも重要とのこと。こちらも年々参加チームのレベルが上っており、ドローンからも正確に球を発射するようになってきているのだとか。
ミライロボット研究会様子3

最後に、けいはんなロボット技術センターを拠点として活動する、国内初(大学等除く)の各種ロボットコンテスト出場専門チームScrambleから、川節代表が実機を披露!
ミライロボット研究会様子4

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?