ここから本文です。

ロボカップジュニア京滋奈ブロック大会が開催されました

(ものづくり振興課 牧、木村)

令和3年1月11日(月・祝)、ロボカップジュニア京滋奈ブロック運営委員会様が「ロボカップジュニア京滋奈ブロック大会(外部リンク)」を開催されました。
京都府・滋賀県・奈良県の小中高生など33チームが参加し、3月開催予定の日本大会を目指し、チームワークやロボット技術を競いました。

サッカーリーグ

自律型ロボットがボールから出る赤外線で位置を判別しゴールを狙う2対2のサッカー競技。14チームが参加し、試合ごとの課題を次の試合までに組み替えて挑むなど熱戦が続きました。

 robocup20210111-2 robocup20210111-3

レスキューリーグ

自律型ロボットが災害現場を見立てたフィールド内の段差や坂、障害物をクリアしながら目標への到達を19チームが目指しました。

 robocup20210111-4 robocup20210111-5

 

この日を目指して、自律型ロボットを製作・プログラムしてきた参加者たちは、ロボットの動きにガッツポーズしたり四苦八苦しながら、大会が開催され、実践できたことを楽しんでいました。

robocup20210111-1

 

ロボカップジュニア

ロボットの設計製作を通じて次世代のRobo Cupの担い手を育て、次世代のリーダーとなるための基礎基本を身につけられる協同学習の場を提供し、競争の先にある協調を目指す文部科学省認定のロボット競技大会

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?