ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 京都府の青少年に対する施策について > 京都・祇園祭ボランティア21の皆さんが表敬訪問されました

ここから本文です。

京都・祇園祭ボランティア21の皆さんが表敬訪問されました

祇園祭の山鉾の舁き手をはじめ、無線連絡、湯茶提供等のボランティア活動により山鉾巡行に長年ご貢献されている京都・祇園祭ボランティア21の皆さんが、創設35周年を機に、西脇知事を表敬訪問されました。
山鉾巡行のボランティア活動には、高校生や企業・団体の新入社員など、毎年数多くの青少年が参役されており、それぞれの担当でリーダーも務められています。
京都・祇園祭ボランティア21の7代目会長を務める西川会長は、千年以上の歴史と伝統を誇る祇園祭の催行に携われていることへの感謝を述べられました。西脇知事は、毎年猛暑の中で山鉾巡行を支え続け、今や祇園祭に欠かせない存在となっていることに敬意を表し、ぜひ今後も引き続き活躍を続けていただきたいと激励しました。

1.日時

平成31年3月13日(水曜日) 16時45分~17時00分

2.場所

京都府庁 知事応接室

3.来庁者

西川 知孝 会長
関岡 孝繕 副会長
安達 純一 常任理事(情報・ネットワーク委員長)
福塚 健次郎 常任理事(文化・情報委員長)
和田 淳司 相談役
中井 敬二 相談役
渡辺 邦子 監査役

 

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(青少年担当)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?