ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都の自然200選 > 京都の自然200選 国分寺の「乳イチョウ」

ここから本文です。

京都の自然200選 国分寺の「乳イチョウ」

所在地 亀岡市千歳町国分桜久保

牛松山、三郎ヶ岳から西へゆるやかに延びる亀岡市の段丘。北側に七谷川を眺めるこの段丘中央部に建つ国分寺の境内地にイチョウが自生している。気根ができているところから「乳イチョウ」と呼ばれて古くから女性の信仰が厚く、また葉に実を付けるものが認められることから「お葉付イチョウ」とも称される。周辺は丹波国分寺跡として国の史跡指定を受け、イチョウは市の天然記念物に指定されている。

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?