ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都の自然200選 > 京都の自然200選 花紀行 長岡天満宮

ここから本文です。

京都の自然200選 花紀行 長岡天満宮

所在地 長岡京市

長岡天満宮は、菅原道真が太宰府に流されるとき名残を惜しんだ地といわれています。境内の天神の森は多くの野鳥が集い、身近な自然を実感できる場所として親しまれています。天満宮の東側の八条ヶ池は、桂離宮を造営した八条宮智仁親王によって造営され、今も地域の人々に大切にされています。池の堤には樹齢150年を数えるものもあるといわれる市の天然記念物のキリシマツツジが繁り、4月の下旬には満開となり、うるおいのある水辺空間として親しまれています。

 

お問い合わせ

環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4706

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?