ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 京都の自然200選 > 京都の自然200選 普甲峠の石畳道

ここから本文です。

京都の自然200選 普甲峠の石畳道

所在地 宮津市字小田

宮津市の南端、小田の山中にある普甲峠の石畳道は、江戸時代に、宮津藩主が軍事上の必要から、山陰から畿内へ至る際の関門として、丹後と丹波を分ける峠道を付け替え敷設したものといわれ、藩の重要な公路でした。
福知山市大江町方面にかけて、約1キロメートルにわたり石畳が随所に残っており、江戸時代の街道の面影を残す貴重な古道です。

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?