ここから本文です。

平成30年度京の名工展

平成30年度京の名工展(京都展)~京の伝統工芸品、匠の技にふれる5日間~

―京都府伝統産業優秀技術者作品展
京の若手職人「京もの認定工芸士」作品展

30名工展

 

 

 

 

 

 

平成30年度「京の名工展」チラシのダウンロード(PDF:2,966KB)

Master Craftsmen of Kyoto(名工展概要)(PDF:106KB)

 

 

 

平安建都以来、千年を越える悠久の歴史の中、政治・経済・文化の中心地であった京都には、優秀な職人たちが数多く集まり、多くの目利きたちに支えられ、創造を重ねる中で、日本を代表する優れた染織品や工芸品が生み出され育まれてきました。

 

今日においても、京都の伝統産業は、長い歴史の中で培われた伝統の意匠と全国に誇る高い技術を持った職人さんたちの手で支えられています。

◇京都府伝統産業優秀技術者

京都府では、多年にわたり伝統産業に従事し、優れた技術をもってその発展を支えてこられた職人さんを「京都府伝統産業優秀技術者―京の名工―」として、昭和36年から知事表彰を実施してきました。

◇京の若手職人「京もの認定工芸士」

京都府では、西陣織や京仏壇・京仏具、京漆器など「京もの指定工芸品」34品目の従事者のうち、特に技術に優れ、意欲ある若手職人を対象に、「京もの認定工芸士」の称号を授与しております。

 

京の名工展開催概

会場

京都府京都文化博物館5階展示室
住所:京都市中京区高倉通三条上ル
電話:075-222-0888

会期

平成30年10月24日(水曜日)~10月28日(日曜日)まで(5日間)
午前10時から午後6時まで(最終日は午後4時まで)

内容

京の名工117点、京もの認定工芸士84点の作品展示

京の名工による列品解説(詳しくは、下記を御参照ください)

京の名工、京もの認定工芸士による制作実演(詳しくは、下記を御参照ください)

入場料

無料

特典

きものを着用の方、各日先着20名様に呈茶券をプレゼントします

主催

京都府、京都府匠会

列品解説および制作実演

昨年度ご好評をいただいた京の名工による列品解説、京の名工と若手職人による実演コーナーを今年度も実施します。

 

京の名工による列品解説

制作実演

24日(水曜日)

(午前10時30分~))京仏壇・京仏具、京友禅・京小紋

(午後14時00分~)京友禅・京小紋

【実演】京鹿の子絞

25日(木曜日)

(午前11時00分~)京人形

(午後14時00分~)京鹿の子絞

【実演】京くみひも

26日(金曜日)

(午前11時00分~)西陣織

(午後14時00分~)西陣織

【実演・体験】西陣織(つづれ織)

【体験】京くみひも

27日(土曜日)

(午前11時00分~)京房ひも・撚ひも、京繍

(午後14時00分~)京漆器、造園

【実演・体験】西陣織(つづれ織)

【体験】京くみひも

28日(日曜日)

(午前11時00分~)京焼・清水焼、京くみひも

(午後14時00分~)京都の金属工芸品、京の神祇装束調度品

【実演】京鹿の子絞

【実演・体験】西陣織(つづれ織)

注※上記の内容は、変更する場合がございますので、予め御了承ください。

〈体験料〉
京くみひも:500円
西陣織:1,000円

 

呈茶席

会場では、立命館大学茶道部(24日(水曜日)~26日(金曜日))及び一般社団法人文化継承機構(27日(土曜日)~28日(日曜日))による呈茶席を御用意しております(一席500円)。なお、きものを着用の方には、各日先着20名様に呈茶券をプレゼントします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部染織・工芸課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4870

senshoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?