ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 平成30年度京の若手職人「京もの認定工芸士」の認定について

ここから本文です。

平成30年度京の若手職人「京もの認定工芸士」の認定について

報道発表日:平成31年2月12日

商工労働観光部/染織・工芸課

平成30年度京の若手職人「京もの認定工芸士」5名が誕生

  京都府では、伝統産業を支える技術の継承と、次代を担う人材の育成を図るため、未来の伝統産業を担う若手職人を対象に、広く作品を募集し、特に技術に優れ、意欲ある者に「京もの認定工芸士」の称号を授与しています。

  この度、平成30年度の「京もの認定工芸士」を5名認定し、平成31年2月19日(火曜日)に称号授与式を開催しますので、お知らせ致します。

(1) 認定者 5名

(2) 称号授与式

  • 日時 平成31年2月19日(火曜日)
  • 場所 京都府公館レセプションホール
  • 授与者 山下晃正京都府副知事

制度概要

  京都の伝統産業を支える技術の継承と、次代を担う人材の育成を図るため、次の要件を満たす職人に対して京都府知事が「京もの認定工芸士」の称号を授与する。

  • 京もの指定工芸品を製造することができる技術を有し、現にその製造に従事していること
  • 京もの指定工芸品の製造に5年以上携わっていること
  • 年齢が満40歳未満であること
  • 京もの指定工芸品の製造に係る伝統的な技術・技法の維持、向上及び継承、産地振興に意欲を持っていること

    (実務経験年数及び年齢は、平成30年4月1日現在)

    ただし、禁固刑以上の刑の執行後2年を経過しない者、京もの認定工芸士の登録抹消から2年を経過しない者を除く

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部染織・工芸課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4870

senshoku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?