ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 建設交通部の技術管理関連情報 > 建設現場における遠隔臨場の試行について

ここから本文です。

建設現場における遠隔臨場の試行について

建設現場における遠隔臨場とは、段階確認等の立会・確認をウェアラブルカメラ等による映像と音声の双方向通信を使用して行い、発注者の移動時間や、受注者のスケジュール調整による手待ち時間を削減することで、受発注者双方の効率的な時間の活用を目指す取り組みです。

建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(案)

  1. 京都府建設交通部で発注する工事において、次のとおり建設現場の遠隔臨場に関する試行要領(案)を定めました。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?