ホーム > 府政情報 > 附属機関及び懇談会等の会議の公開について > 京都府環境影響評価専門委員会 > 京都府環境影響評価専門委員会の議事要旨(平成24年5月7日(月曜日))

ここから本文です。

京都府環境影響評価専門委員会の議事要旨(平成24年5月7日(月曜日))

1 日時

平成24年5月7日(月曜日)午後1時30分から4時15分まで

2 場所

御所西 京都平安ホテル 2階 嵯峨の間
(京都市上京区烏丸通上長者町上ル)

3 出席者

【委員会】
寺島委員長、荒川委員、磯辺委員、岩嶋委員、岡村委員、須川委員、武田委員、田中委員、増田委員、松井委員、宮前委員、吉安委員(12名)

【事務局】
環境技術専門監、循環型社会推進課長、環境管理課長、その他関係職員

【関係市】
綾部市

【傍聴者】
なし

4 公開・非公開の別

公開

5 議題

(仮称)綾部総合工場設置事業に係る環境影響評価準備書の審議

(1) 事務局から条例手続の進捗状況及び住民意見概要について説明

(2) 事業者から前回の委員の質問に対する回答等について説明

(3) 質疑応答

6 審議内容(主な意見及び質疑応答)

(大気質)

  • 山からの吹き下ろしの風に乗り、民家に煙が直撃するようなことは想定されないか。
    (事業者)一番の悪条件は、事業予定地及び直近の民家が馬蹄形の山に囲まれているため、その中でフュミゲーションが発生する場合に全く拡散が起こらない場合と考えている。
    なお、煙突高の変更等の対策により、最悪の状態でのフュミゲーションは発生せず、その他の場合も環境基準値を十分満足できると予測・評価している。
  • 高層気象について、2つの方法で春夏冬を測定し、秋は春を代用として、各5日間測定しているが、各季節を代表しているといえるのか。 
    (事業者)高層気象測定の主たる目的は、逆転層を捉えることであり、その目的は達したと考えている。接地逆転に加え、移流性逆転・海陸風型に近い逆転層が起こっていることもわかった。これらを条件に加えた評価を通じ、溶融炉廃止を含む計画変更を行ったものである。
    また、2つの方法によるデータ及び地上風とのかけ合わせにより、50mにおける風配図を作成している。
  • 悪条件時の状況について、住民にわかりやすい説明をお願いしたい。

(騒音)

  • 事業予定地周辺は、車の通行音以外ほとんど無音に近く、夜間36dBの予測値は十分低いものの、建物による反射等を考慮し、事後調査を行うことが望ましい。
  • 事業場入口の登坂部の大型車両による騒音については、等価騒音平均だけでなく、最大値も勘案して評価を行うことが望ましい。

(低周波音)

  • 低周波音については、家屋によって問題となるケースの差が大きい。事後調査を行うことが望ましい。

(振動)

  • L10による評価は、要請限度との比較という点では誤りではないが、大型車が通ったときの評価としてLVmaxを併記すること。

(動植物)

  • 事業場内の照明は、動植物の撹乱を抑えるため、できるだけ長波長のものを用い、配置にも留意すること。

(景観)

  • 事業場法面の樹木等を活かし、周囲の里山的景観と調和した植栽を行うこと。また、事業場建屋の色彩についても留意すること。 

7 問い合わせ先

環境管理課 指導担当 075-414-4715

お問い合わせ

府民環境部環境管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

kankyoka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?