ページの先頭です。

本文へ

文字の大きさ : 大きくする | 元に戻す

文字の大きさを変更する機能は、スタイルシートが無効なため使用できません。


平成20年度第3回京都府社会教育委員会議の議事要旨

1 開催日時

平成21年3月13日(金曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで

2 場所

ルビノ京都堀川    「朱雀の間」    (京都市上京区東堀川通下長者町)

3 出席者

京都府社会教育委員

伊藤 悦子委員、大木 満和委員、川崎 純性委員、小寺正一委員、加藤 寛委員、中澤 猛委員、西岡 正子委員、堀池 香代委員、本郷 弥香委員、槇村 久子委員、吉岡美紀子委員、吉川 泰子委員  計12名、(2名欠席)

事務局

京都府教育委員会    田原教育長
京都府教育庁指導部  高熊指導部長
京都府教育庁指導部社会教育課 水江課長
京都府教育庁指導部社会教育課 8名

計22名

傍聴者

なし

4 議題

(1)報告

(2)研究協議

(3)その他

5 内容

(1)開会

ア 教育長あいさつ

イ .資料確認、日程説明

(2)報告

ア 報告事項

 (ア) 今後の女性教育について

 (イ) 平成21年度指導の重点について

 (ウ) 平成21年度社会教育関係予算について

イ 質疑・意見交換

○指導の重点の人権教育関連で、立場が不利な人々に対する教育力の向上に手助けする視点を取り入れるように望む。。

●御意見を参考にさせていただく。

○北山文化環境ゾーン整備事業と社会教育課の関連は何か。

●北山地域にある府立総合資料館、府立大学、植物園の整備事業であるが府立資料館の所蔵資料の整理を行うときには必ず府立図書館の所蔵資料との関わりがでてくるので、社会教育課が所管する府立図書館の整備が関係し、本会議での検討依頼をする可能性もある。

(3)研究協議

協議

(1)NPO活動の広報をどのように行うか。

(2)NPO活動の目的達成を支援するにはどのような方法があるか。

(3)子育て支援を行うNPOとの協働について。

(4)プラットホーム型の協働について。

(4)閉会

  

ページの先頭に戻る