ここから本文です。

森林保険について

森林国営保険から森林保険へ

国立研究開発法人森林総合研究所に業務が移管されました

今までの森林国営保険は国が主体となって運営されていましたが、「森林国営保険法等の一部を改正する法律」が平成26年4月9日に可決・成立し、平成26年4月16日に公布されたことに伴い、平成27年4月1日から国立研究開発法人森林総合研究所に業務が移管されました。

また、法律改正に伴い、今まで都道府県が行っていた事務についても、国立研究開発法人森林総合研究所に移管されました。

移管時点で有効なご契約は、国立研究開発法人森林総合研究所に自動的に引き継がれています(必要なお手続きはありません)。国立研究開発法人森林総合研究所に引き継いだ後も、ご契約の補償内容に変更はございません。

森林保険は、森林所有者自らが突然の災害に備える唯一のセーフティネットであり、重要な公的保険です。移管後も、法律に基づき国がしっかりと関与していくこととされていますので、引き続き、森林保険をご利用いただきますようお願い申し上げます。

詳しくは、林野庁森林保険ホームページ(外部リンク)をご確認下さい。

なお、現在のご契約の更新等に関するお問い合わせは、お近くの森林組合へお願いします。

森林保険とは

あなたの森林が災害にあったときのための保険です

  1. 加入いただいた森林に災害により損害が発生した場合、契約内容に従いその損害を補償する制度です。
  2. 樹種、林齢、面積などに制限はありませんが、全く人手の入らない天然林や竹林は加入できません。
  3. 森林の所有者であるなしにかかわらず個人、法人を問わずどなたでも申し込めます。
  4. 保険期間は、1年単位で希望する期間を選択できます。
  5. 保険金額(契約金額)は、標準金額を契約の最高限度額とし、その範囲内で定めることができます。
  6. 保険料は一時払いまたは毎年の分割払いが選択できます。
  7. 保険契約締結後は、保険契約者に保険証書をお渡しします。保険証書には、保険契約の最終年度における保険金額等が記載されます。

森林保険に係る詳細については、国立研究開発法人森林総合研究所森林保険センターホームページ(外部リンク)を参照して下さい。

お問い合わせ

農林水産部林業振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5010

ringyoshinko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?