ここから本文です。

資料紹介コーナー「琳派のデザイン」

今年は、日本の美を代表する「琳派」を語る上で欠かせない、本阿弥光悦が洛北の鷹峯に「光悦村」を拓いてから400年、そして尾形光琳が亡くなってから300年を迎える節目にあたります。「琳派」は、時代をこえて受け継がれ、絵画や書、工芸へとジャンルを繋いで広がり欧米でも人気を博しています。

中でも江戸時代中期の尾形光琳・乾山の活躍は、「琳派」の造形性を最大限に活かし、デザインとしての「琳派」を確立しました。ふくらみのある線と簡略化が特徴のユーモラスなデザインは、現代のデザイナーにも大きな影響を与えています。

今回の資料紹介コーナーでは当所蔵資料の中から、尾形光琳・乾山から広がった「琳派のデザイン」に関する図書を紹介します。

古典籍から画集、展覧会図録まで、琳派デザインのさまざまな造形力をお楽しみください。

期間

平成27年5月14日(木)~7月7日(火)

       ※6月10日(水)は休館

場所

3階図書閲覧室

主な展示資料

 『琳派の意匠:雅のルネッサンス』

『光林絵本道知辺』

『光琳派扇面画集』

『光琳百図』 

『光琳画譜』

『光琳と乾山』

『乾山: 幽邃と風雅の世界』

ほか多数展示しております。

 資料紹介コーナー「琳派のデザイン」関係資料リスト(PDF:582KB)

 

 琳派1

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?