ここから本文です。

新総合資料館(仮称)整備に向けて

新館ができるまで

 新総合資料館(仮称)が整備されるまでの軌跡を、定点写真とともにお知らせします。

平成28年5月

新館_20105

ついに、すっかり足場が外れました。また、下鴨中通側にあった鋼製の仮囲いも取れて、低い囲いに変わっています。いよいよ工事は内装工事と外構工事を残すのみです。(5月6日撮影)

新館_201605_囲い

平成28年4月

新館_201604

南東側手前の足場が取れました。あと若干残っていますが、ついに出来上がったなぁと感慨深いです。(4月4日撮影)

見学会1 見学会2

3月中旬には職員向けに見学会がありました。やはり実際に見てみると、いろんなことがわかります。

平成28年3月

新館_201603

足場が外されていき、ついにエントランスが現れました!全貌が明らかになるまで、あともう一息です。(3月2日撮影)

平成28年2月

新館201602

新館は収蔵庫部分はほぼ完成とのこと。地上部分は北側から外装・内装の仕上げが始まっています。(2月2日撮影)

新館_201602_裏側 収蔵庫_20160119

平成28年1月

新館_201601

あけましておめでとうございます。新館工事は今日(1月6日)からスタートです。工事スケジュール表にある「安全祈願」について工事の方に伺うと、下鴨神社で行っており、新年だけでなく毎月行われているとのことでした。下は北側の写真です。足場が外され、建物が見えてきました。(1月6日撮影)

新館_201601_北側

平成27年12月

新館_201512

相変わらず足場が前面にありますが、新しく、標語が3点掛けられていました。「声かけと笑顔できずく快適職場」「危険を予知してゼロ災害」「健康ははたらくみんなの宝物」。寒い季節なので、作業員さんにはケガのないようにがんばってほしいです。(12月2日撮影)

新館_201512_1 新館_201512_2

平成27年11月

新館_201511

足場があるので、外からは変化がわかりません。完成までこの状態が続くのでしょうか。下の写真は、屋根部分の工事の様子をと思って撮ったのですが、クレーンでわかりにくいですね。(11月6日撮影)

新館_201511_1

平成27年10月

新館201510

8月9月とあまり見た目に変化がなかったのですが、今回は撮影場所に上がった瞬間「あれ、全然ちがう!」とびっくりしました。足場が組まれて本体が見えなくなっています。(10月2日撮影)

新館201510_1

平成27年9月

新館_201509

先月の写真と比べると、あまり変わったところがないように見えます。ただ、こちら(南)側からの写真だとあまりわかりませんが、建物北側から屋根の仕上げが始まってきています。(9月3日撮影)

 

平成27年8月

新館_201508

先月と比べると、右(西)側にこの建物の特徴である屋根(ブルーシートの部分)が広がっているのがわかります。建物全体を見ていると、中央部分が4階建てで、左右に3階建て、2階建てと低くなっており、翼を広げた鳥のようにも見えます。(8月4日撮影)

新館_201508_1

 

平成27年7月

新館_201507

東側の鉄骨も組み立てられました。あと屋根が完成すれば、新館の外形がほぼわかるようになると思います。この日も屋根の上に作業員さんの姿がありました。(7月2日撮影)

新館_201507_1 新館_201507_2

平成27年6月

 

新館_201506_2

 

かなり中央部分が前(南)までせり出してきて、いつもの撮影ポイントからの写真では、東半分が見えなくなってきましたので、今月から撮影ポイントをちょっとずらしました。鉄骨の組み立てが進み、あとは東南部分を残すのみです。(6月2日撮影)

新館_201506_1

5月28日に地下を見学する機会があり、写真を撮らせてもらいました。すごく熱いかと思っていましたが、ひんやりしていて寒いくらいでした。写真の場所は地下2階部分です。壁には所蔵品に悪影響を及ぼすアンモニア等の物質がコンクリートから出てくるのを封じ込めるため、ウレタンを吹き付けています。

B2(20150528時点)

平成27年5月

新館_201505

南半分にも鉄骨が立ち始めました。これからは内装の工事などで、大勢の作業員さんが出入りすることになるそうです。(5月1日撮影)

新館201505アップ写真

平成27年4月

新館_201504

地上階の床面のコンクリート打設が行われ、南工区もいよいよ地上階作業に突入でしょうか。(4月2日撮影)

新館北側から

いつも南からの写真なので、北東方向から撮ってみました。

新館_201504_桜

現場事務所の桜も2年目となりました。

平成27年3月

新館_201503

4階部分まで達した鉄骨が多くなり、東から西への新館の屋根構造がわかるようになってきました。南工区もすっかり地下階がふさがれた状態です。(3月2日撮影)

新館_201503_01

平成27年2月

新館_201502

ついに、全体の高さがわかる鉄骨が組み立てられました。左に白くみえるのが2階床と3階床です。右奥に見える白い鉄骨から横に延びる茶色い鉄骨部分が、4階床、屋上階位置だそうです。(2月3日撮影)

新館_201502_1 新館_201502_2

平成27年1月

新館_201501

新館_201501_01 新館_201501_02

ついに平成27年の幕開け。すでにB2階部分は見えなくなっています。B1階部分も半分程度ふさがってきました。寒い季節なので、作業員の皆さんには工事現場に掲げられている標語「安全がすべての仕事に優先する」を胸に頑張ってほしいです。(1月7日撮影)

平成26年12月

新館_201412

ついに北工区が1階部分に到達しました。左奥が、1階から下の階へスロープ状になっているように見えます。おそらくここが講堂の客席部分なのでしょうか。(12月3日撮影)

新館_201412_01

平成26年11月

新館_201411

北工区はB1階の床の工事が進んでいます。南工区では、北工区の後を追ってB2階の立ち上がり工事が行われています。次第にB2階が見えなくなりつつあります。(11月4日撮影)

新館_201411_1

平成26年10月

新館_201410

B1の床が見えてきました。急に建物らしく(?)なってきました。(10月3日撮影)

 新館_201410_2 新館_201410_1

平成26年9月

新館_201409

8月は雨の多い1ヶ月でした。撮影を行った日は久しぶりに良い天気となり、コンクリートポンプ車やクローラークレーンが見事なバランス感覚で作業をしていました。地下から鉄骨が伸び上がってきました。(9月2日撮影)

コンクリート流し込み 見事なバランス

平成26年8月

新館_201408

7月は暑く、雨の少ない1ヶ月でした。8月に入ってからは、台風の影響ですっきりしない天気が続いています。地下での作業は風通しが悪く、かなり蒸し暑いそうです。現場では熱中症予防のため、毎日2回、かき氷タイムがあるそうです。(8月1日撮影)

平成26年7月

新館_201407

掘削はほぼ終了し、コンクリート打設が行われています。この日もコンクリートを流し込む作業が行われており、コンクリートポンプ車が活躍していました。先月から下鴨中通りに、新館パース図が6枚掲示されています。(7月1日撮影)

コンクリートポンプ車 パース図

平成26年6月

新館_201406

掘削は、下に降りるスロープ部分を残すのみとなりました。北工区では、鉄骨の組み立てが行われています。教養棟はついに覆いが取られ、全貌が見ることができるようになりました。一階の手前部分にはレストランが入ることになっているそうです。(6月4日撮影)

現場_201406 教養棟_201406

平成26年5月

新館_201405

ついに北工区が掘り終わり、底にコンクリートが流し込まれました。深さはおよそ11.45mです。現場には、4月中旬からはクローラークレーンという大型クレーンが投入されました。本当に大きいです!(5月2日撮影)

クローラー1 クローラー2

 

平成26年4月

新館_201404

左奥に土砂仮置場ができ、掘り進むスピードが一気に上がった感じがします。もう、現場に降りる階段が、下に届かなくなっています。現場では、いつもきれいに手入れされたプランターが並んでいるのですが、このたび桜の鉢植えも登場しました。(4月2日撮影)

はしご_201404 さくら_201404

平成26年3月

新館_201403

地下1階分くらい掘り進んでいます。新館は地下2階、プラスその下に湧水ピットを設けることになっているので、この倍は掘り進むことになります。教養棟はブルー部分が少なくなってきた感じがします。(3月4日撮影)

新館_201403_1 教養棟_201403

平成26年2月

新館_201402

見るからに深くなってきました。これでもまだ半分程度ということなので、改めて工事規模の大きさを実感します。掘削断面に赤い鉄骨のラインが見えてきました。これは断面が崩れないようにするものなんだとか。このラインで3.55mということです。となりの教養棟も、ずいぶん工事が進んできています。(2月5日撮影)

バックアンカー 教養棟_201402

 

平成26年1月

新館_201401

工事は6日から仕事始めです。工事事務所からは、年末年始のお休みの間これといった異常は発生しなかった、との報告がありました。地下を掘り進めている周りには、転落防止のための黄色い幕が張られ、上からだと解りづらいですが、ずいぶん深くなってきています。(1月7日撮影)

新館_201401_1 新館_201401_2

 平成25年12月

新館_201312

新館現場、どんどん掘り進んでいます。左下に機械設備関係の現場事務所が増築されました。また、現場内に「整理整頓」「平行・直角」「水平・垂直」と書かれた看板が掲げられました。どういう意味なのか聞いてみると、資材を置く時に平行・直角を意識してきっちり置いて、荷崩れなどの事故のないようにしましょう、という意味なんだそうです。設計の方では、電気設備の確認作業を行っています。(12月5日撮影)

平行直角 工事現場_201312

平成25年11月

新館_201311

この一ヶ月で重機の数が増え、すっかり工事現場らしくなりました。この日は大型杭打機での作業が行われていました。発掘の遺構はすっかり切り取られ、青いビニールシートが延びてきています。大まかにですが、新館北半分の敷地がイメージできるようになってきました。(11月1日撮影)

大型杭打機 重機

ちなみに、11月6日の京都新聞「はたらくのりもの」コーナーに、新館工事現場の大型杭打機が紹介されました!

平成25年10月

新館_201310

9月26日に撮影した遺構の切り出し作業が進んでいます(右端に黄色い塊)。ゲートの入り口には工事看板が設置されました。また、この写真では見えませんが、写真の右下あたりに、トラックのタイヤを洗う洗車プールが出来上がってます。(10月2日撮影)

遺構切り出し 工事看板

 

平成25年9月26日

新館建設予定地には、工事に先だちおこなわれた発掘調査で、三面庇をもつ建物跡(平安時代前期)が発見されています。この遺構は一部を切り取り、保存することになっています。この日は、府立大学の菱田哲郎教授が、データを残すための3D撮影を行いました。

遺構1 遺構2

平成25年9月

新館_201309

先日、工事関係者事務所が完成しました(写真の下部分に白い屋根)。大学の北泉通りの門が工事車輌用ゲートに早変わりしていたり、ショベルカーでの作業が開始されていたり。工事は着々と進んでいます。(9月4日撮影)

北泉通り門 工事風景_201309

平成25年8月

新館_20130805

 8月1日から工事開始です。といっても、1ヶ月前とほとんど変化がない新館予定地です。(緑が濃くなっています。)(8月5日撮影)

平成25年7月

 

 新館_20130702

 6月5日の入札の結果、「竹中・増田・あめりか屋特定建設工事共同企業体」が新館の主体工事を落札しました。7月4日の府議会で契約案件が承認され、これを受けて、新館工事が動き出すことになりました。(7月2日撮影)

新総合資料館(仮称)建設までの報告書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 総合資料館

京都市左京区下鴨半木町

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

shiryokan-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?