ここから本文です。

安心・安全な消費生活の実現を目指す行動計画

 府民の安心・安全な消費生活を実現するため、本計画を3年ごとに改定しており、現行計画の期間が平成28年3月に満了するため改定しました。

施策の柱と主な内容

1 被害の未然防止

 ネット取引被害の防止

  • 未成年から高齢者まで幅広い利用者がインターネット社会で安心して消費生活を送ることができるよう取組みます。

 高齢者等の消費者被害の防止

  • 高齢者が地域で安心して暮らせるよう、市町村の福祉部局等と連携し高齢者等地域見守りネットワークを構築するとともに、地域での見守り活動を拡大します。

2 迅速な問題解決と拡大防止

 相談機能の強化

  • 府内どこでも質の高い相談や救済が受けられるよう、市町村消費生活センター等に対する支援を一層強化し、消費者問題解決力の高い地域づくりを推進します。

事業者指導の徹底

  • 悪質な事業者の実態を早期に把握し、警察、他府県、市町村等と連携して、厳正な事業者指導を積極的に実施するとともに、表示の適正化を図るため、消費者・事業者団体と連携します。 

3 消費者教育の推進

  • 自立した消費者等を育成すめたの消費者教育を展開します。 

「安心・安全な消費生活の実現を目指す行動計画」

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

電話番号:075-671-0030

ファックス:075-671-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?