ホーム > 10月7日第507号

ここから本文です。

10月7日第507号

1.「エシカル消費(倫理的消費)・商品等に関する意識行動調査」の結果に
  ついて
             ~京都府消費生活安全センターからのお知らせ~

 京都府では、「エシカル消費※」についての、府民の意識や行動を把握する
ために意識行動調査を実施し、その結果をとりまとめましたので、お知らせし
ます。
 なお、本調査結果については、府民へのエシカル消費・商品に対する理解や、
日常生活への浸透を深めるための有効な取組、企業への発信に活用します。

 ※「エシカル消費」とは、地域の活性化や雇用なども含む人や社会・地球環
  境に配慮した消費行動のこと(消費者庁「消費者基本計画」)

1 調査方法等

 (1)調査対象者   京都府在住者

 (2)回収数     1,000人

 (3)調査方法    インターネットによる無作為調査

2調査結果

 ● 約6割の人がエシカル消費の考え方に賛同を示しており、特に環境に配
  慮した商品の購入について関心の深さがうかがえます。

 ● 7割以上の人が「エシカル商品等を知れば商品選択は変わる」と回答し
  ており、「どのようなエシカル商品があるのか」「どこでエシカル商品が
  販売されているのか知りたい」という意見や、企業に正確な情報開示を求
  める意見が多く見られました。


<詳細>京都府消費生活安全センター
    http://www.pref.kyoto.jp/shohise/tyousa/201609.html


         ◇      ◆      ◇


2.オンラインゲームで高額請求!利用する前に理解することが大切です
        ~国民生活センター・こどもサポート情報第106号より~

<内容>

【事例】
  クレジットカード会社から連絡があり、28万円もの高額な請求があるこ
 とがわかった。小学生の息子がオンラインゲームで有料コインを購入したら
 しい。先日、オンラインゲームの登録に700円が必要だと頼まれ、決済の
 ために母親のクレジットカード番号を入力した。その後はそのクレジットカ
 ード番号で有料アイテムを次々に買ったようだ。息子は「ゲーム内でコイン
 を買うときに難しい操作はなく、どんどん買えた」と言っている。              
                       (当事者:12歳 男児)

<ひとことアドバイス>

・オンラインゲームに関する相談が後を絶ちません。高額の請求を受けるケー
 スも見られます。

・クレジット決済のために親が入力したクレジットカード番号が有効になって 
 いて、子どもが自分で番号を入力しなくても、オンラインゲームに課金が出
 来てしまうケースなども見られます。クレジットカード番号の管理には十分
 注意しましょう。

・オンラインゲームは料金体系や決済方法が多様化しています。周りの大人は
 オンラインゲームの仕組みについて理解し、ゲームの遊び方やルールについ
 ては子どもと決めておくようにしましょう。

・困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等に相談しましょう
 (消費者ホットライン188)。


<詳細>国民生活センター
   http://www.kokusen.go.jp/mimamori/kmj_mailmag/kmj-support106.html(外部リンク)


          ◇      ◆      ◇
    

3.注意!! 大学生を狙う 架空請求詐欺
           ~京都キャンパス安全・安心通信H28-5号より~

 大学生の架空請求被害が年々増加しており、昨年の同時期(8月末)と比較
すると2倍となっています。

★こんな手口が多い!

 ・ATMで...20万円要求!
  「アダルトサイトの利用料金を払ってください。払わないと裁判になりま
  すよ!」

 ・電子マネーで...30万円要求!
  「登録しました。退会の手続きをしないと料金が発生します。」

 ・電子マネーで...15万円要求!
  「動画サイトの延滞料が発生しています。登録解除の料金を支払わなけれ
   ば法的措置をとります。」

★新手口にも注意!

 ・コンビニ端末を利用して...
   犯人が「サイトの利用料が未納」などの架空請求メールを送信し、被害
  者に「お支払い受付番号」を伝え、コンビニ端末で情報を入力するように
  指示し、端末から発券された申込券で店頭レジにて請求金額を支払わせる。

☆被害を防ぐには!

 ◆簡単に返信や連絡はしない!

 ◆支払わずに無視する!

 ◆支払い義務が判断できない場合は、国民生活センター等に相談する!

<相談窓口>

 ◎消費者ホットライン 188(局番なし)
  ※近くの消費生活センター等の相談窓口につながります。

 ◎警察総合相談室 075-414-0110(短縮ダイヤル#9110)
  ※月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~17:45
   または、最寄りの警察署で相談を受け付けています。
    
 
<詳細>京都府警察
  http://www.pref.kyoto.jp/fukei/bohan/kyogikai/documents/news28-5_1.pdf

 


    

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民環境部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

kyo-shohisen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?