ここから本文です。

京都府消費者教育推進校事業

消費者教育推進校事業について

1目的

京都府内において、意欲的に消費者教育に取り組む中学校・高等学校等を消費者教育推進校に指定して消費者教育のモデル授業例を作成し、府内学校へ普及することにより、京都府内中学校・高等学校等における消費者教育の機会の拡大を図る。

2内容

府主催の研修会等で、有識者の助言を得て消費者教育のモデル授業例を作成・発表し、授業事例集の学校への配布等により京都府内中学校・高等学校等に周知・普及する。

3参加者

指導者

大阪教育大学教育学部教授  大本久美子氏 (京都府消費生活審議会委員)

消費者教育推進校

(平成29年度) 
  • 京都府立城南菱創高等学校
  • 京都府立東稜高等学校
  • 立命館宇治高等学校
  • 京都府立城陽高等学校
  • 京都府立木津高等学校

オブザーバー

京都府教育委員会指導主事

消費者教育推進校事業授業事例集

平成29年度に推進校において実践いただいた6授業を事例集としてまとめました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部消費生活安全センター

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ西館2階

ファックス:075-671-0016

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?