ここから本文です。

アレルギーと食品

アレルギー予防のためのQ&A

食物アレルギーって何ですか?

 特定の食物を摂取したとき、身体がその食物を異物と認識して、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことです。
 症状としては、じんま疹・湿疹などの皮膚症状、下痢・嘔吐・腹痛などの消化器症状、咳、呼吸困難などの呼吸器症状などがあります。重症の場合は「アナフィラキシーショック」といわれ、全身発赤、呼吸困難、血圧低下、意識消失などの症状が現れて、対応が遅れると死に至る場合もあります。アレルギー症状は、摂取した食物の量やその原因物質などによって異なります。また、同一人であっても体調によってその症状は変わります。何が原因になっているかは、専門の医師に相談して特定する必要があります。

 体に、アレルギーを起こす物質である抗原(アレルゲン)が侵入すると、この抗原をやっつけるために、抗体というものを作り出します。アレルギー物質に対する抗体は、肥満細胞と呼ばれる免疫に関係する細胞に結合します。
 次の機会にこの抗原が体に侵入すると、抗体の結合した肥満細胞が出撃し、抗原を捕まえます。
 このときに肥満細胞から、ヒスタミンなどいくつかの化学伝達物質が放出されます。ヒスタミンなどの物質は、神経を刺激し、この刺激によってぜんそくやアレルギー性鼻炎など、さまざまなアレルギー症状が引き起こされます。

どんなものを食べると起こりやすいのですか?

 アレルギーのもととなる原因物質をアレルゲンといいます。アレルゲンになりやすいのは「たんぱく質」です。食品としては卵や牛乳、大豆などがアレルゲンとなることが多いようです。
 特に乳幼児の場合、消化機能が未熟で、たんぱく質をうまく分解できないためにアレルギー症状を示すと考えられています。

なぜ表示をするのですか?

 近年、特定の食物が原因でアレルギー症状を起こす人が増えてきました。それを防ぐために、表示を通じた消費者への情報提供の必要性が高まってきました。そこで、食品衛生法関係法令が改正され、平成14年4月から、アレルギーを起こしやすい物質を加工食品に表示することになりました。
 この表示の目的は、重篤な食物アレルギー症状が起きるのを避けることにあります。表示を見ることで、食べても大丈夫な加工食品を選ぶことができるようになります。

関連リンク

お問い合わせ

農林水産部食の安心・安全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4982

shokuanzen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?