ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 こども総合対策課 > 「仕事と育児の両立体験シンポジウム」の開催について

ここから本文です。

「仕事と育児の両立体験シンポジウム」の開催について

  • 京都府では、結婚や子育てに対する漠然とした「不安」を解消し、安心して結婚、出産、子育てができる社会を目指すため、若い世代の方に、仕事と育児の両立を体験してもらうためのプログラムを実施しています。
  • このプログラムは、企業でのインターンシップ実習が終わってから、子育て中の家庭にお伺いし、子どもとの触れ合いや育児のお手伝いを体験することで、「京都で働きながら子どもを生み育てる」という人生設計(ライフデザイン)を考えていただく機会とするものです。
  • この度、このプログラムに参加した学生や御協力いただいた京都企業、大学等の方々をパネリストにしたシンポジウムを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

仕事と育児の両立体験シンポジウム概要

仕事と育児の両立体験シンポジウムチラシ(PDF:1,093KB)

1開催日時

平成30年11月9日(金曜日)15時から17時まで(受付14時30分から)

2会場

京都市男女共同参画センターウィングス京都2階 イベントホール
(京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262)

注※小さなお子さまと一緒にご覧いただける親子席も会場に併設されています。

3内容

15時 主催者あいさつ・両立体験事業紹介

15時30分 講演「仕事と育児を両立していく風土作り」

講師:株式会社ウエダ本社 代表取締役社長 岡村  氏

16時 パネルディスディスカッション

テーマ:「仕事と育児の両立が出来る環境を作るには」

出演者

  • パネラー

 「仕事と育児の両立体験プログラム」参加学生

オムロンエキスパートリンク株式会社 代表取締役社長 久保 雅子 氏 

立命館大学キャリアセンター 次長 松原  

京都府健康福祉部長 松村 淳子

  • コーディネーター

福知山公立大学 地域経営学部 准教授 杉岡 

  • 助言者

株式会社ウエダ本社 代表取締役社長 岡村 充泰 氏

4申込

「氏名」、「連絡先」、「参加人数」、「申込代表者の所属先・職名(一般の方は記入不要)」を記載の上、ホームページ、FAX、メール又は電話でお申し込みください。

注※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

【申し込み先】

  • ホームページからのお申し込み
  • 郵送・FAX・電子メールでのお申込み

府民総合案内・相談センター】
TEL:075-411-5000
FAX:075-411-5001
Eメール:411-5000@pref.kyoto.lg.jp

シンポジウムチラシ(PDF:1,093KB)

プログラム参加者数等

参加学生数11名(男性6名、女性5名)(29年度)14名(男性2名、女性12名)

実習受入企業 6社(29年度)5社

受入家庭 7家庭(29年度)7家庭

本年の事業スケジュール

7月22日(日曜日) オリエンテーション

8月 4日(土曜日) 事前学習(ライフデザインセミナー、子どもとの関わり方、両立キャリア講座等)

5日(日曜日)  〃

8~9月中に2回 体験学習(共働き家庭で子育て体験やインタビューを実施)

8月18日(土曜日) 事後学習(1)(1回目の体験学習を終えての気付きの共有、2回目の準備)

9月 5日(水曜日) 事後学習(1)(体験学習の学びの共有、最終発表会の準備)

9月14日(金曜日) 最終発表会

11月9日(金曜日) 仕事と育児の両立体験シンポジウム(場所:ウィングス京都)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども総合対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?