ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 仕事と育児の両立体験プログラム

ここから本文です。

仕事と育児の両立体験プログラム

インターンシップ先の家庭で子育てを体験!

京都府では、若い世代の方に、仕事だけではなく、結婚や家庭、子育て等を含めたトータルの人生設計(ライフデザイン)を具体的にイメージしていただき、「京都で働きながら子どもを生み育てる」ことを体験的に学んでいただくため、平成29年度より「仕事と育児の両立体験プログラム」を実施しています。

この事業は、大学コンソーシアム京都と連携して実施するもので、大学生の皆さんがインターンシップ実習後に、子育て中の社員の家庭で、子どもとの触れ合いや育児のお手伝いをし、両立の経験談を聞くことで、京都で育児をしながらキャリアを重ねていく具体的なイメージを抱いていただけるプログラムです。

少しでもご興味のある方は、まずWebエントリーをお願いします!

仕事と育児の両立体験について

仕事と育児の両立体験事業について、参加学生のコメントも交えて動画やリーフレットにて、わかりやすく紹介します。

平成29年度「仕事と育児の両立体験事業」動画

3分でわかる!「仕事と育児の両立体験」 完全版「仕事と育児の両立体験」

3分でわかる!仕事と育児の両立体験 完全版「仕事と育児の両立体験事業」

仕事と育児の両立体験プログラム リーフレット

仕事と育児の両立体験プログラム リーフレット

仕事と育児の両立体験プログラム リーフレット(PDF:8,079KB)

平成30年度事業概要

プログラム内容

事前学習(2日間)・体験学習(2日間)・事後学習(2日間)の一連のプログラムに参加いただきます。

■事前学習(講座)

8月4日(土曜)・5日(日曜)

ライフデザインセミナー、両立キャリア講座、将来のキャリアイメージを具体的にするワークショップ、子どもとの関わり方を学ぶ子育て講座など

■体験学習

8月~9月中

受入企業先でのインターンシップ実習終了後、共働き社員の家庭で育児の手伝い、

子どもとの触れ合い、社員への両立に関するインタビュー

■事後学習(課題解決・発信)

9月上旬の2日間

体験を通した学びを振り返り、自分自身のキャリアや、両立の実現に向けた課題・提案をプレゼンテーション

【体験プログラムの一例】

17時00分 インターンシップ終了
18時00分 受入社員と一緒に保育園へお迎え
18時30分 帰宅
19時00分 子どもとごはん、遊び
19時40分 子どもをお風呂に入れるお手伝い
20時15分 社員へのインタビュー
20時45分 両立体験終了

実習先・定員等

下記6社において、各社あたり2~4名の学生に参加いただきます。

(1)京都府庁
(2)ウエダ本社
(3)株式会社ShinSei
(4)堀場製作所
(5)都タクシー株式会社
(6)ノートルダム女学院高等学校

申込・選考方法

大学コンソーシアム京都主催のインターンシップ・プログラムと連携して実施します。
下記HPからWebエントリー及び出願票の提出をお願いします。

注※上記の出願受付・面接を大学コンソーシアム京都にて実施後、2次選考がある場合は5月中下旬に受入先企業において行い、参加学生を決定します。

今後のスケジュール

5~6月 選考・受入学生の決定
7月 学生と受入家庭の顔合わせ
8月 プログラムの実施
9月 最終プレゼンテーション

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども総合対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?