ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 京都府の資産活用について > 【平成29年11月29日】京都府公民連携プラットフォーム開催結果

ここから本文です。

【平成29年11月29日】京都府公民連携プラットフォーム開催結果

平成29年度第3回京都府公民連携プラットフォーム

今年度第3回目となるプラットフォームは、11月27日にオープンしたばかりの宮津市福祉・教育総合プラザにて、民間事業者、市町村担当者など約60名の方に御参加いただき開催しました。

高浜市山本様、大和リース稲垣様よりPPP/PFI手法を活用した庁舎整備について御講演いただきました。高浜市山本様にはリース方式を検討の経緯や事業のスキーム、現在の庁舎の状況などを御紹介いただき、大和リース稲垣様には様々なPPP/PFIを活用した庁舎整備の状況や取組などを御紹介いただきました。

第2部として宮津市から「公共施設マネジメントと宮津市」について事例報告をしていただき、その後グループに分かれて意見交換会を行いました。グループでの意見交換後は、全体で意見を共有し理解を深めました。

また、プラットフォーム終了後の懇親会には約30名の方に御参加いただき、意見交換会のテーマについての議論や、自治体、民間事業者相互の情報交換などが行われました。

講演の様子宮津市事例報告意見交換会の様子

【開催終了】プラットフォーム概要

1開催日時

平成29年11月29日(水曜)13時30分~17時(受付開始13時)

17時30分~18時30分懇親会

2会場

宮津市福祉・教育総合プラザ第1コミュニティルーム

(京都府宮津市字浜町3012 宮津阪急ビル(宮津シーサイドマート「Mipple」3階)

※お車でお越しの場合は道の駅立体駐車場(5時間以内無料)をご利用ください。

3内容

第1部講演

「(仮)リース方式を活用した庁舎整備について」

愛知県高浜市総務部行政グループリーダー 山本 時雄氏

 「(仮)PPP/PFI手法を活用した庁舎整備について」

大和リース株式会社東京本店規格建築事業部第一営業所長 稲垣 仁志氏

第2部事例報告

「公共施設マネジメントと宮津市役所庁舎」

宮津市総務部財政課長 早川 善朗氏

第3部意見交換会

 「公共施設マネジメントと宮津市役所庁舎」

※第3部終了後、懇親会を開催します。(参加費2000円)

開催案内チラシ(PDF:727KB)

 プラットフォーム案内チラシ

参加申込方法

参加を希望される方は参加申込書に団体・会社名、所属部署、氏名、住所、連絡先、意見交換会・懇親会の参加希望の有無、懇親会に参加される方は領収書の要否を記載の上、

「京都府公民連携プラットフォーム」事務局(京都銀行公務地域連携部担当:植村)a.uemura@kyotobank.co.jpまでメールにてお申し込みください。

参加申込書(PDF:539KB)

参加申込書(Word)

【参加申込期限】11月20日(月曜)

京都府公民連携プラットフォームメーリングリストについて

 京都府公民連携プラットフォームでは、気軽に情報交換や事務連絡ができるツールとしてメーリングリストを開設しています。

 参加を希望される方は、メーリングリスト利用運用ルール(PDF:92KB)を確認の上、下記担当までお気軽にお申し込みください。

 担当:府有資産活用課 土屋(c-tsuchiya56@pref.kyoto.lg.jp)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部府有資産活用課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5450

huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?