ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都府海面の漁業権について

ここから本文です。

京都府海面の漁業権について

漁業権とは?

  • 漁業権とは一定の水域において特定の漁業を一定の期間、排他的に営む権利であり、共同漁業権区画漁業権定置漁業権の3種類があります。→各種漁業権免許の説明
  • 漁業権は、都道府県知事の免許により設定され、漁業協同組合や漁業者(法人含む)に免許されています。
  • 漁業権は、水域や期間、漁業種類等が限られています。従って、自由に何でもできるものではありません。
  • 漁業権は、物件とみなされ土地に準じた扱いを受けます。
  • 漁業権に関しては、漁業権侵害及び漁業権行使権侵害等に係る罰則の規定があります。

京都府沿岸における漁業権の免許状況(平成31年1月1日現在)

現在、京都府沿岸海域に免許された漁業権の内容は次のとおりです。

京丹後市海域、伊根町海域、宮津市海域、舞鶴市海域

表、海域別の漁業権の免許内容と位置図

海域

免許内容

配置図

共同漁業権

魚種一覧

舞鶴市海域

(PDF:68KB)

(PDF:67KB)

(PDF:45KB)

宮津市海域

(PDF:60KB)

(PDF:40KB)

(PDF:41KB)

伊根町海域

(PDF:61KB)

(PDF:28KB)

(PDF:41KB)

京丹後市海域

(PDF:60KB)

(PDF:34KB)

(PDF:42KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部水産事務所

宮津市字小田宿野1029-3

ファックス:0772-25-1532

suisanjimusho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?