ホーム > 産業・しごと > 労働 > 京都府立京都障害者高等技術専門校

ここから本文です。

京都府立京都障害者高等技術専門校

senmonkou-gaikan

 

京都障害者高等技術専門校の紹介 ~校長からのメッセージ~

 ようこそ、京都障害者高等技術専門校のホームページにお越しいただきました。

  京都障害者高等技術専門校は、障害のある方を対象に職業訓練を行い、職業人として自立できる力を身につけて就職を実現していくために設置された、京都府立の職業能力開発校です。

  本校では障害者雇用を取り巻く諸情勢を踏まえ、訓練を再編・充実することとし、平成29年度から新しい訓練カリキュラムをスタートさせます。
  伏見区にある本校では、知的障害の方を対象とした「総合実務科」、身体障害の方を対象とした「オフィスビジネス科」、発達障害の方を対象とした「キャリア・プログラム科」を、城陽市にある城陽校では、知的障害の方を対象とした「生産実務科」を設置します。

  「総合実務科」と「生産実務科」では、社会人としてのマナーや協調性、体力・持久力、勤労意欲など社会人の基礎となる人間力を身につけていきます。また、実務・技能の訓練として「総合実務科」では物流、リネン、環境・介護、接遇のサービス系の訓練を、「生産実務科」では紙箱を中心とした製造、工具を使用した各種組立、また物流や現場清掃などのものづくり系の訓練を行い、集中力・判別力・正確性などのスキルを養成し、職業人としての自立を目指します。さらに、全寮制の城陽校では、規則正しい生活習慣や自立して生活する力を育成します。
   「オフィスビジネス科」では、多様な事務系業務に必要な文書作成、ビジネス計算、接遇・マナー、パソコンの事務関連ソフト、さらには簿記・会計やDTPソフトの知識と技能を習得し、事務職種及びビジネス現場での幅広い業務に対応できる人材を育成します。
  「キャリア・プログラム科」では、社会生活における問題解決に向けた自己分析とその対処方法を学ぶとともに、複数回の職場実習を通じて課題を振り返りながら、パソコンをはじめ就業力を強化し、職場での業務に対応できる人材を育成します。

  また、本校ではこうした訓練のほかに、きめ細かな個人面談や模擬面接など様々な就職指導を行います。各人の障害特性やニーズを踏まえ、ハローワーク等と連携して、一人一人にマッチした企業への就職につなげていきます。

  障害を持っているが就職して生活を安定させたい、仕事を通じて社会参加、社会貢献をしたいとお考えの方、ぜひとも本校にご連絡ください。いつでも見学を受け入れています。

  本校で訓練を受けていただき、私たちと一緒に、新しい仕事の扉を開けましょう。


                                           京都府立京都障害者高等技術専門校

                                                  校 長  中 谷 耕 二

 

新着情報&トピックス

    平成28年10月入校OAビジネス科一次募集合格発表

     平成28年10月入校OAビジネス科の二次募集について

    平成29年度入校生の募集のお知らせ    

    平成28年度体験入校の募集について(7月8日まで)

お問い合わせ

商工労働観光部京都障害者高等技術専門校

京都市伏見区竹田流池町121-3

電話番号:075-642-1510

ファックス:075-642-1520

kyoskgs-k@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?