ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 阿蘇海に堆積するカキ殻の回収活動

ここから本文です。

丹後広域振興局

阿蘇海に堆積するカキ殻の回収活動

阿蘇海におけるカキ殻の堆積

近年、阿蘇海においてカキの異常繁殖が生じ、海面を超えてカキ殻が堆積し「カキ島」が形成されており、問題となっています。
その原因としては、以下のとおり考えられています。

  • 阿蘇海は天橋立で外海と隔てられている閉鎖性水域であり、上流河川からの豊富な栄養分等が蓄積しやすい地形であること
  • 高度成長期の頃から生活スタイルの変化や工業生産の増加、流域にある森林の手入れ不足、農地の化学肥料への転換など様々な理由により、流入負荷が増大し、富栄養化が進行したこと

「カキ島」については、表出している部分だけでも約1千トン堆積していると推定されており、年々新たに堆積しています。
これにより、景観の悪化やカキの侵食によるアサリ漁場喪失、船舶運航への支障など、多くの課題が生じています。

カキ島(2016年1月)

(平成27年1月撮影)

阿蘇海環境づくり協働会議による取組

阿蘇海環境づくり協働会議では、地域団体、企業、ボランティアの協力により、以下のような環境改善活動や啓発活動に取り組んでいます。

カキ殻回収活動

平成21年から地元団体と協力し、天橋立周辺でのカキ殻除去活動を実施しています。
平成27年からは、活動に賛同いただいたNPO法人国際ボランティア学生協会(略称:IVUSA)の協力を得て、毎年、夏と冬に100名を超す大学生ボランティアが参加し、宮津市、与謝野町において、地元住民などと一緒に大々的な回収活動が実現しました。

これまでに約300トンものカキ殻の回収を実施した結果、カキ殻回収の取組が環境改善の象徴として良いイメージで報道されるなど、多くの人の知るところとなり、その効果は非常に大きなものとなっています。

カキ殻回収の様子

(平成31年3月撮影)

カキ殻の資源化活動

回収した大量のカキ殻については、地元の農園で肥料や土壌改良材として活用する取組を進めています。
この他、地元企業や地域団体と連携し、カキ殻を活用したレンガや漆喰などの建築資材への活用の検討なども実施しました。

カキ殻をゴミとして処分した場合、膨大な費用がかかります。
それを再資源化することにより大幅なコストダウンに結びつけるとともに、地元団体などとの新たな協働が進むなど、地域の活性化にも繋がってきています。

カキ殻散布の様子

(平成31年3月撮影)

 NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA)について

IVUSA(イヴューサ)は、全国各地の大学生が会員として所属するNPO法人で、災害救援、地域活性化、環境保護、国際協力、子どもの教育支援の5つの分野を軸として、全国各地で活動しています。

平成27年から、阿蘇海環境づくり協働会議と連携し、阿蘇海でのカキ殻回収活動の他、阿蘇海流域河川の清掃活動や海岸清掃、子ども向け環境学習会などに取り組んでいます。

平成29年8月には、丹後広域振興局と包括連携協定を締結し、阿蘇海流域の環境改善を中心とした様々な活動を丹後管内で実施しています。

IVUSA紹介

団体ホームページ

https://www.ivusa.com/(外部リンク)

IVUSAの主な事業

東日本震災復興支援活動、関川大したもん蛇まつり活性化活動、琵琶湖外来水生植物除去大作戦、インド住宅建設活動など

丹後広域振興局との包括連携協定に基づく連携事項(平成29年8月28日締結)

  • 阿蘇海を中心とした環境改善に関すること
  • 祭事への参画等を通じた地域活性化に関すること
  • 防災及び災害時における支援に関すること

お問い合わせ

丹後広域振興局企画総務部 企画振興室

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-5894

tanshin-ki-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?