ホーム > 「海の京都旬の食材提供店」~冬期~を募集します!

ここから本文です。

丹後広域振興局

「海の京都旬の食材提供店」~冬期~を募集します!

海の京都エリア(※)ならではの旬の食材を食べて楽しめる飲食店「海の京都旬の食材提供店」として登録しませんか!

1目的

京都府北部地域海の京都エリア(※1)は自然の豊かさを活かした農産物や水産物などの豊富な資源がある地域です。
海の京都エリアならではの旬の食材を地元で食べて頂くことにより、観光客の誘客を図っていくとともにカニ以外の食材産地としてのPRや地産地消の推進による産業活性化を目指して、四季毎に「海の京都旬の食材提供店」(※2)を募集して「海の京都旬の食材フェア」を実施します。
注※1海の京都エリア(福知山市・舞鶴市・綾部市・宮津市・京丹後市・伊根町・与謝野町)
注※2「海の京都旬の食材提供店」:別途指定した各季節の旬の食材を海の京都エリアで水揚げもしくは養殖した水産物、生産もしくは栽培した農産物を活用した料理が入った昼食及びスイーツまたは飲み物を提供できる店舗。

2フェアの期間(冬期)

令和元年12月1日(日曜日)~令和2年2月29日(土曜日)

3対象食材

【水産物】サワラ(京鰆)、寒ブリ、かき、ヒラメ、アカモク
【農産物】京みず菜、えびいも、堀川ごぼう、聖護院かぶ、聖護院だいこん、金時にんじん、大納言小豆、九条ねぎ

4募集条件

  1. 海の京都エリアに所在し、飲食店営業・喫茶店営業許可等を有する店舗であること。
  2. フェア期間中、指定する海の京都エリア内の旬の食材を使った昼食及びスイーツ、または飲み物を提供いただけること。
  3. 指定する海の京都エリア食材の使用をメニュー等に表示していること。
  4. 使用する指定された食材について、確実な仕入れルートを有すること。
  5. フェアの実施や取組に積極的に参加し協力的であること。
  6. 食品衛生法等関係法令を遵守していること。「海の京都旬の食材提供店」取扱要領(PDF:349KB)

5認定特典

各種媒体(ホームページ、パンフレット等)へのキャンペーン告知、参加店舗のPR
旬の食材提供店の広報ツール(のぼり旗等)の貸与
認定証の交付

6申請方法

『「海の京都旬の食材提供店」募集要領』をご確認の上、認定申請書(様式1)に必要事項を記入し、営業許可証の写しを添えて、下記【応募・問い合せ先】まで、郵送、持参、FAX又はメールにてお申し込みください。応募者には、後日、詳細を確認のため連絡します。

募集案内・実施要項

募集案内(チラシ)(PDF:352KB)

「海の京都旬の食材提供店」募集要領(PDF:384KB)

認定申請書

「海の京都旬の食材提供店」認定申請書(EXCEL:41KB)

7募集期間【冬の旬の食材提供店】

令和元年10月9日(水曜日)~令和元年11月8日(金曜日)まで

対象食材(水産物):サワラ(京鰆)、寒ブリ、かき、ヒラメ、アカモク

2019冬水産物

対象食材(農産物):京みず菜、えびいも、堀川ごぼう、聖護院かぶ、聖護院だいこん、金時にんじん、大納言小豆、九条ねぎ

2019冬農産物

8応募・問合せ先

宮津市・京丹後市・伊根町・与謝野町エリア
京都府丹後広域振興局農林商工部商工労働観光室 担当者:坪倉
〒627-8570 京都府京丹後市峰山町丹波855
TEL 0772-62-4304
FAX 0772-62-4333
e-mail:tanshin-no-shoko@pref.kyoto.lg.jp

福知山市・舞鶴市・綾部市エリア
京都府中丹広域振興局農林商工部企画調整室 担当者:植田
〒625-0036 京都府舞鶴市字浜2020
TEL 0773-62-2743
FAX 0773-62-2859
e-mail:chushin-no-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

丹後広域振興局農林商工部 商工労働観光室

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4333

tanshin-no-shoko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?