ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 大気環境の保全対策 > 微小粒子状物質(PM2.5)に係る対策について

ここから本文です。

微小粒子状物質(PM2.5)に係る対策について

 微小粒子状物質(PM2.5)とは

・PM2.5とは、大気中に浮遊する粒子状物質のうちでも特に粒径の小さいものをいいます(粒径2.5μm以下の微小粒子状物質)。
・PM2.5については、呼吸器の奥深くまで入り込みやすいことなどから、人への健康影響が懸念されており、欧米諸国では、独立の項目として環境目標値が設定されています。日本においても、このような状況を踏まえ、中央環境審議会における審議を経て、平成21年9月、PM2.5に係る環境基準が告示されています。
・PM2.5は、発生源から直接排出される一次粒子と、大気中での光化学反応等によりガス成分(揮発性有機化合物(VOC)、窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)等)から生成される二次粒子に分類されます。
・PM2.5の発生源は、自然起源と人為起源に分類されます。黄砂や、火山排出物などの自然起源の粒子にはPM2.5より大きな粒径のものが多く含まれます。

 微小粒子状物質(PM2.5)に係る注意報

○ 京都府では、平成25年2月28日より、日平均値が1立方メートルあたり70マイクログラム(国の暫定指針値(PDF:67KB))を超えると予想される場合に注意報の発出を行うこととしています。
   また、発出後に濃度の改善が見られた場合は、注意報解除を行います。

○ 日平均値が1立方メートルあたり70マイクログラム以下の場合でも、呼吸器系や循環器系疾患のある人、お年寄り、子供等では健康への影響がみられる可能性があるため、普段から体調の変化に注意してください。

  ・PM2.5注意報発出状況(外部リンク)
  ・PM2.5日平均値(外部リンク)
  ・京都府大気常時監視ホームページ トップページ(外部リンク)

注意報の内容

○ 屋外での活動を控える。
○ 屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす。
○ 屋内においても換気や窓の開閉を最小限にする。
○ 呼吸器系や循環器系疾患のある人、お年寄り、子供等は、体調に応じてより慎重に行動することが望まれます。

 微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報(環境省)(外部リンク)
 ・微小粒子状物質(PM2.5)に関するQ&A(環境省)(外部リンク)
 ・PM2.5に関する注意喚起の運用方法の改善について(H26.11環境省)(外部リンク)
 ・全国の大気汚染状況(環境省大気汚染物質広域監視システム [そらまめ君])(外部リンク)

防災情報からPM2.5注意報配信

PM2.5の注意報を防災情報からメール配信します。

光化学スモッグ注意報の配信のため登録をされている方は、PM2.5注意報も配信されますので、新たな登録は不要です。

受信を御希望の方は、
1. anzen@k-anshin.pref.kyoto.jpへ空メールをお送り下さい。
2. 京都府から返信されるメール内に記載されているURLから登録画面へ移動して下さい。
3. 画面に表示されている「京都府からの情報発信」下にあります「配信情報登録」ボタンを押して下さい。
4. 登録項目選択の画面に切り替わりましたら、画面内にある「2防災情報」のチェック欄にチェックを入れて下さい。
※従来の登録情報に追加で防災情報を登録される場合は、従来の受信情報にもチェックを入れて下さい。
5. 画面最下段の「登録」ボタンを押していただければ登録作業は終了となります。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境管理課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4715

ファックス:075-414-4705

kankyoka@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?