ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府丹後広域振興局 > 丹後保健所 > 管内の感染症発生動向(随時更新)

ここから本文です。

丹後広域振興局

管内の感染症発生動向(随時更新)

感染症発生動向調査週報令和元年第44週(10月28日から11月3日まで)<11月8日更新>

丹後保健所管内では今週も百日咳が発生しています。
百日咳はかぜ症状から始まり、長引く咳が特徴で、抗生剤が有効であることから、早期診断、治療が重要です。
インフルエンザの全国値が定点医療機関あたり0.95(前週0.80)と例年と比べて高い水準で推移しており、今シーズンは流行入りが早くなる可能性もあります。
インフルエンザの予防接種を早期に受けておくことが重要です。


【過去5週の京都府上位5疾患の動向】

R01年44W推移グラフ

お問い合わせ

丹後広域振興局健康福祉部 丹後保健所

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4368

tanshin-ho-tango-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?