ここから本文です。

丹後広域振興局

災害時の食に備えよう

災害時の食に備えよう

大規模な災害が発生すると、水、電気、ガスなどのライフラインが途絶えたり、道路が寸断されるなど、食料品の確保が困難となるおそれがあります。そのため、日頃からの備えが大切です。家庭で手軽にできる備蓄や災害時の食事の工夫を紹介します。

備蓄のポイント

1.いざという時のために、3日分程度の食の備えをしましょう。

2.1次持ち出しと2次持ち出しに分けて備蓄を準備しましょう。日頃よく利用する長期保存可能な食品を買い置きすると便利です。

<1次持ち出しとは?>
いざという時の緊急持ち出し用の備蓄で、飲料、あめや栄養補助食品等の手軽な食べ物、懐中電灯、ラジオ、常備薬、現金、緊急連絡先等を準備します。リュック等に入れ、すぐに持ち出せる場所に保管しましょう。

<2次持ち出しとは?>
災害が長期化した場合の備蓄で、飲料、主食類(米、粥)、主菜類(レトルト食品、缶詰)、副菜類(即席汁物、野菜)、その他あめ、チョコレート等を準備します。日頃の食事で利用しながら、サイクル保存しましょう。

3.家族構成や状況(乳幼児、高齢者、食物アレルギー、食事療法を受けている方等)に応じた備蓄を考えましょう。

 

詳細は、こちらのリーフレットをご覧ください。
災害時の食に備えよう(PDF:958KB)
災害時の食に備えようPart2~備蓄食チェックリスト編~(PDF:802KB)
災害時の食に備えようPart3~非常時の体調管理編~(PDF:1,026KB)
災害時の食に備えようPart4~備蓄食活用編~(PDF:877KB)
災害時の食に備えようPart5~食物アレルギー編~(PDF:1,053KB)災害時の食に備えようpart6~備蓄食を活用した献立編~(PDF:921KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

丹後広域振興局健康福祉部 丹後保健所

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4368

tanshin-ho-tango-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?