ホーム > 食品のテイクアウトや出前販売を始める方へ

ここから本文です。

丹後広域振興局

食品のテイクアウトや出前販売を始める方へ

今般の新型コロナウイルス感染予防のため「新しい生活様式」により食品の持ち帰りや宅配等のサービスが増えてきています。これからの季節は気温や湿度の上昇により食中毒のリスクがさらに高まることに加えて、飲食店で調理した弁当などをテイクアウトや宅配で提供する場合は、店舗での提供に比べて調理から食べるまでの時間がかかるため、食中毒予防3原則に加えて,次の事項に注意して下さい。

特に気をつけること

調理するとき

施設の規模や人員に応じた無理のない提供食数で調理しましょう。

食品を保存するとき

調理した食品は、常温放置せず、適切な温度管理で保存しましょう。

販売するとき

すぐに食べるよう伝えましょう。

 

食中毒予防の3原則を徹底!

食中毒菌を付けない

  • 手洗いの徹底、マスクや手袋の着用

  • 下痢、嘔吐、発熱症状がある方は調理を避ける

  • 包丁やまな板は使用用途により使い分け、洗浄、消毒の徹底

食中毒菌を増やさない

  • 冷却が必要な食品はすぐに冷却する

  • 調理後の食品は長時間常温で放置せず、適切な温度(10度以下、65度以上)で保管、運搬する

  • 前日調理など、作り置きをしない

  • 提供後、すぐに食べるようにお客様に伝える

食中毒菌をやっつける

  • 生ものの提供をさけ、加熱調理できるメニューを選定し、加熱するときは中心部までよく加熱する

 

営業許可を取得しましょう

弁当のテイクアウトや宅配を行う場合は、飲食店営業の許可が必要です。すでに飲食店営業の許可を取得している店舗は、新たに許可は必要ありません。

ただし、取り扱う食品や販売方法によっては、新たな許可が必要な場合もありますので、保健所にお問い合わせください。

 

適切な表示をしましょう

販売店に弁当の販売をお願いするなど、製造者自らが販売しない場合は、包装容器には表示が必要です。表示方法についても不明なことがあれば、お問い合わせください。

 

テイクアウト店の食中毒予防チラシ(PDF:582KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

丹後広域振興局健康福祉部 丹後保健所

京丹後市峰山町丹波855

ファックス:0772-62-4368

tanshin-ho-tango-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?