ここから本文です。

丹後広域振興局

冬期の自動車運転の注意事項

冬期の自動車運転は普段にも増して注意が必要です。

次のようなことに気をつけて運転しましょう。

  • 凍結路は極めて危険です。徐行運転を徹底しましょう。
  • 特に、気温が上がって表面は水であっても、その下に凍結がある場合は、目視での確認がむずかしく、スリップによる事故の危険があります。気温が上がってたからといっても安全になったとはいえません。

装備関係

  • 当然ですが、冬用タイヤを装着し、念のためにタイヤチェーンも携帯する。
  • いざという時のためにスコップも積んでおく。

出発前の準備

  • 車の屋根の雪はブレーキ時に前方をふさぐ恐れがあるので取り除く。
  • 後方の視界確保及びハイマウント・ストップランプが見えるように、リアウインドウの雪もよける。

運転中の注意

  • 急発進、急ブレーキ、急ハンドルは行わない。
  • カーブに入るまでに十分減速する。
  • 凍結路などでは、オートマティック車はスノーモードで運転する。(仕様により異なります)
  • 車の外気温表示や路面の外気温表示を確認し、ゼロ度付近であれば凍結している可能性を考える。
  • 外気温表示がない場合は、窓を開けてタイヤの接地音を聞いてみる。
  • 早めのライト点灯を心がける。強い降雪時は点灯する。

こんな所は特に注意

  • 日陰は凍結している可能性が高いので特に注意する。
  • トンネルの出入り口は凍結や強風による影響の恐れがある。
  • 消雪装置による散水区間は走行しやすいですが、その区間の起終点が凍結するなど危険な場合がありますので、散水区間の切れ目は特に注意して運転してください。

その他の注意

積雪・凍結路では通常の感覚では危険です。十分車間距離を確保し安全運転に心がけましょう。

ABS装着車では緊急時にどのような現象になるのか、事前に安全な場所で確かめておくことも有効です。ブレーキペダルからのキックバックに驚いてブレーキをゆるめては効果がなく、危険です。

ABS非装着車ではタイヤロックをさせないようなブレーキ操作を行うことが必要です。

丹後の雪情報

お問い合わせ先

丹後土木事務所 ダイヤルイン電話 0772-22-3244

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?