ここから本文です。

丹後広域振興局

道路パトロール業務について

通常のパトロール

土木事務所が管理する国道・府道について、皆さんが安心して安全に通行できるよう毎日、施設保全室の道路パトロール班が道路の点検を行っています。

点検は路面だけでなく、側溝のつまり具合やガードレール等の施設を含めて、様々なポイントを監視しています。

道路に異常を発見した場合は速やかに職員や緊急業者より補修等の対応を行っています。 

パトロール車によるパトロール状況
パトロール車によるパトロール状況
ポットホールの修繕状況
ポットホールの修繕状況

右上写真は路面にポットホール(アスファルトの部分的な比較的浅い陥没のこと)を発見し、補修している状況です。

特にバイクや自転車は転倒の恐れがあり、速やかに修繕する必要があります。

反射板の設置・点検状況
(反射板の修繕状況)

トンネル内の作業

トンネルは通行車両による粉塵等により反射板等が汚れて、正常に機能を果たさない場合があることから、反射板やトンネル内設備に付着した粉塵等の汚れを落とす作業も行っています。

大変危険な作業であることから、安全チョッキの着用などを行い、通行車両に注意しながらの作業を行います。

反射板の清掃状況 トンネル内器具の汚れ落とし

道路の維持作業

道路パトロール班の一部は道路の除草作業等、維持に係る作業も実施し、視距(しきょ)の確保等、通行される方の安全対策に努めています。

  • 視距とは:物体を認めてから停止するまでの距離のことをいいます。 道路除草も視距を確保することを主目的に実施しています。


(道路除草の状況)

夜間及び休日のパトロール

夜間パトロール

定期的に夜間のパトロールを行い、反射板の反射状況等、夜間の安全対策施設類が正常に機能しているかなどの点検を実施しています。

休日パトロール

4日以上連続して休日になる場合は、休日パトロールを実施し、通行される方の安全確保に努めています。

(お願い)

道路パトロールは低速走行により道路の変状を確認する必要があります。そのため、通行にご迷惑をおかけすることがありますが、御理解・御協力をお願いいたします。

枯損木による道路への倒木被害について

道路での交通事故防止のためにも、倒木等危険を及ぼす恐れのある枯損木(こそんぼく)については、山林所有者においてご確認いただき、事前に伐採して頂きますよう御協力をお願いします。

お問い合わせ

丹後土木事務所 施設保全室 ダイヤルイン電話 0772-22-3245

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?