ここから本文です。

丹後広域振興局

丹後地域の景観資産

京都府景観資産とは?

「景観」とは、地形や植生などの自然と、建物や道路などの人工物が織りなす眺めや風景のことです。

長い歴史により育まれてきた地域の文化や、人々の生活、生業、祭事などから醸し出される地域の息づかいや温もりを、私たちは魅力ある景観として五感で受け止め、安らぎ、楽しさ、荘厳さなどを感じます。

地域固有の歴史や文化に裏打ちされた府内各地の身近な景観について

  • 資産としての価値をみんなで共有
  • 情報発信による地域の魅力向上
  • 地域の景観づくり活動やまちづくり活動の促進

を図ることにより、府内の景観づくりを進めるものです。 

丹後の景観資産

宮津市今福の滝 ~蛇綱の里が誇る七段の名瀑~

城下町に由来する風情ある久美浜の街なみ

棚田と笹葺き民家が織りなす上世屋の里山景観 

琴引浜の白砂青松と鳴砂 

丹後の立岩・屏風岩・丹後松島・経ヶ岬の海岸景観 

久美浜湾と牡蠣の養殖景観

関連リンク

 

お問い合わせ先

丹後土木事務所 企画調整室 ダイヤルイン電話 0772-22-2143

お問い合わせ

丹後広域振興局建設部 丹後土木事務所

宮津市字吉原2586-2

ファックス:0772-22-3250

tanshin-do-tango@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?